~へたれ部長の登山・トレッキング備忘録~

第2回:陣馬山~高尾山 ~ 縦走トレッキング ~

ホーム/第2回:陣馬山~高尾山 ~ 縦走トレッキング ~
スタート地点 陣馬高原下バス停 ゴール地点 高尾山口駅
最高標高 837m コース標高差 624m
歩行距離 14.6km 歩行時間 7時間
参加メンバー 2名
trekkingmap-20100322
※クリックで拡大
ギャラリーを見る
トレッキング部活の2回目は、部活といういより3月の3連休に何も予定がなかったので、後輩を誘ってのオフトレーニングです。

初回の高尾山で靴の重要性を悟ったため、二人とも今回は靴(私はザックも)を購入しての参加です。
コースは、最初高尾駅から陣馬山近くの陣馬高原下バス停まで行き、そこから陣馬山山頂に上り、高尾山へと縦走して戻るコースです。


陣馬高原下バス停(9:25)

中央線の高尾駅北口からバスが出ており、陣馬高原下までは30分ぐらいでした。
3連休ということもあり、バスは2台に増便され、どちらのバスも満員状態でした。


急坂手前の分岐点(9:50)

バス停から舗装道路を20分ぐらい歩くと分岐点に到達。。。
看板を見ると左の林の中を進む道が「新ハイキングコース」、このまま舗装道路を進む道が「陣馬街道」とのこと。
地図を見る限り圧倒的に新ハイキングコースの方が短そうです。
ただ、左の道は山道となっており、どうみても急坂コースでしたが、今回は、トレーニングも兼ねていたので、意を決して急坂コースを進むことに。


急坂(10:08)

トレーニングとはいえ、このルートの勾配はかなり急で、結構きつかったです。
息を切らせながら登っていると、後ろから来られた年配のご夫婦が、「こんにちは!」と声をかけながら、軽やかに我々を抜いていきます。

ここ何年も運動らしきものをしていなかったせいか、やはり体が鈍ってます。


陣馬山山頂(11:02)

長い急坂をやっとの思いで登ると、陣馬山山頂に到着です。
陣馬山山頂は、茶店や休憩所がありとても広々とした気持ちのいい場所で、遠くに富士山がはっきりと見えました。

少し時間が早かったですが、ここに来るまでの坂が急で体力を使い果たしてしまったのと、休憩所が広々として気持ちよかったので、ランチタイムとしました。


白馬像(11:42)

陣馬山の山頂には、観光用に建てられた白馬の彫刻像があります。
みなさん、ここで記念撮影をされていました。


高尾山へ向けての縦走(12:39)

お腹もいっぱいになったところで、陣馬山山頂から高尾山に向けて縦走開始です。
若干のアップ・ダウンはありますが、陣馬山の方が標高が高いので、下りが多いので楽でした。
コースは、林間を進むものがほとんどで気持ち良く歩けました。
ただ、気温が結構高かったので後輩は、汗だくでシャツがびしょ濡れ状態となってしまいました。これが原因で次の日風邪を引くことに。。。
やはり、シャツは速乾性のあるものでないとだめですね。


景信山山頂(13:24)

1時間ぐらい歩くと景信山の山頂に到着しました。
ここにも茶店があり、食事を楽しんでいる方々が多かったです。
ここの見晴らしも結構よかったです。


小仏峠(14:08)

景信山から小仏峠への道は、急な下り坂が続きます。
小仏峠は、昔、茶店だったような建物が建っていますが、今は廃屋化してしまっているようでした。


長い上り階段(15:04)

高尾山山頂直前に長い急な上り階段がありました。
長距離の縦走で足が疲れ切っていたので、二人ともこの最後の急階段には参ってしまいました。
写真は上りの途中から下側を写したものです。


高尾山到着(15:36)

長い急階段が終わり、ようやく高尾山山頂に到着です。
時間も遅かったので、1号路からケーブルカーに乗車して下山しました。
夕方だったため、ケーブルカーが朝の山手線のように大混雑でした。

今回のコースの陣馬山は、非常に見晴らしが良く、おすすめです。
ただ、高尾山までの縦走は結構長いので、景信山あたりで下山するコースもいいかもしれません。

シャツは速乾性のあるものを! 綿100%はダメ!
今回の教訓
2017-05-21T10:26:25+00:00

コメントする