~へたれ部長の登山・トレッキング備忘録~

第14回:昇仙峡 ~ 素晴らしい紅葉! ~

ホーム/第14回:昇仙峡 ~ 素晴らしい紅葉! ~
スタート地点 昇仙峡駐車場 ゴール地点 昇仙峡駐車場
最高標高 788m コース標高差 176m
歩行距離 3.8km 歩行時間 6時間
参加メンバー 12名
trekkingmap-20101113
※クリックで拡大
ギャラリーを見る
今回は、紅葉シーズンということで紅葉の名所「昇仙峡」へ。

昇仙峡は、トレッキングというよりはハイキングに近い観光スポットです。
今回は、人数も12名と過去最多のメンバーとなりました。
車もYくんにレンタカーを借りてもらい3台でなんとか全員を乗せることができました。


大渋滞(12:50)

いつものように中央道の談合坂SAに8:30集合にしたのですが。。。

紅葉シーズンのせいか中央道は大渋滞(35km)!!

私の車が予定より1時間遅れての到着。
Y号は都内で道を若干間違えたこともあり、10時過ぎの到着となりました。
それから、休憩も短めにして急いで昇仙峡へ向かったのですが昇仙峡に着いたのはお昼過ぎで、しかも駐車場がどこも一杯で駐車場探しに手間取ってしまい、昇仙峡めぐりを始めたときは1時近い時間となってました。。。


仙娥滝(せんがたき)(13:00)

最初にロープウェイの様子を見に行ったのですが行列がすごかったためあきらめ、メインの観光スポットを先に巡ることにしました。

最初に訪れたのは昇仙峡一番の観光スポットの「仙娥滝」です。
仙娥滝は、地殻の断層によってできた高さ30mの壮麗な滝で、色とりどりの紅葉に装われてとても美しかったです。

ここも写真を撮影する観光客で道は大混雑でした。


昇仙橋(13:10)

仙娥滝を過ぎるとすぐに昇仙橋です。

この橋の手前の右側の岩壁には、何故か1円玉がたくさん岩の間に挟まっていました。みんな何かお賽銭のようなご利益を期待しているのでしょうか。。。

昇仙橋からの景色も素晴らしく、ここでも多くの人が写真を撮ってました。

 


石門(13:20)

昇仙橋からしばらく進むと目の前に大きな岩が現れてきます。
これが、「石門」です。

石門は巨大な花崗岩に囲まれてできており、先端がわずかに離れスリリングな不安定さを満喫できます。


紅葉真っ盛り(13:35)

昇仙峡は、本当に紅葉真っ盛りでした。

特にもみじが色鮮やかで、まだ色づいていない緑の葉、色づき始めた黄色い葉、すっかり色づいた鮮やかな赤い葉が相まってバックの渓谷美と共に非常に美しい景観を創り上げていました。


空腹に耐え切れず。。。(13:50)

ここまで来る途中に何軒か食事処はあったのですが、どこも満席で気が付けば2時近い時間に。。。

空腹に耐え切れず、食事処で販売していた草餅(150円)をつい購入。

普通に食べても美味しいと思いますが、空腹だったためすごく美味しかったです!!


覚円峰(かくえんぼう)(14:00)

日本一の渓谷美、昇仙峡の主峰「覚円峰」です。

覚円峰は、その昔、覚円が畳が数畳敷ける広さの頂上で修行したと言い伝えられています。

墨絵のような風景に色鮮やかな紅葉が織り成す美しさは感動ものです!


紅葉続く(14:20)

紅葉の見所は続きます!

相変わらず、みんな撮影に夢中です。

下の写真は、今回初参加のデザイナーKくんが撮影したものです。
やはりデザイナーが撮影した写真は一味違います。。。


やっと昼食!(14:50)

そろそろ引き返そうかと思っていたところにようやく空いているお店を発見!

12名が同時に入れるお店となると見つけるのが大変でしたが、気が付くともう3時近い状態だったため、店内も比較的空いてました。

山梨名物のほうとうもあり、ここで昼食を取ることに決定しました。


山梨名物ほうとう(15:00)

ほとんどのメンバーがほうとうを注文!

今回のトレッキング(?)の目的の1つが、ほうとうを食べることだったので、何とか目的を果たせてよかったです。

お腹が空腹だったこともあり、とても美味しかったです。
部長はB級グルメで日本一になった「鳥もつ煮」も食べました。

こちらも美味しかったです!


世界で2番目においしいソフトクリーム(16:20)

昼食の後、来た道をUターンして駐車場を目指します。

行きにたくさん写真を撮影したため、帰り道はほとんどノンストップです。

帰り道の途中で面白い看板のソフトクリーム屋を発見!
1番でないところが、客引きのポイントでしょうか。。。

昇仙峡はトレッキングというより観光でしたが、素晴らしい渓谷美と紅葉を堪能できたので、非常に満足しました。
ただ、できればロープウェイで山頂にも登って見たかったし、影絵美術館にも立ち寄りたかったです。。。
次回は、もう少しスケジュールを考えて行きたいと思いました。

紅葉シーズンの高速渋滞は覚悟が必要。。。
今回の教訓
2017-05-21T10:26:19+00:00

コメントする