~へたれ部長の登山・トレッキング備忘録~

第29回:鎌北湖~日和田山 ~ 満開の桜 ~

ホーム/第29回:鎌北湖~日和田山 ~ 満開の桜 ~
スタート地点 東吾野駅 ゴール地点 高麗駅
最高標高 380m コース標高差 290m
歩行距離 9.6km 歩行時間 5時間
参加メンバー 7名
trekkingmap-20120421
※クリックで拡大
ギャラリーを見る
今回は、昨年オフトレで行った鎌北湖~日和田山コースに行くことにしました。

このコースは、最高標高が380m、標高差も290mと初心者向けのコースです。
鎌北湖は、この時期は桜が満開で、それも目当ての選択でした。


東吾野駅集合(9:40)

集合場所は、西武池袋線の東吾野駅に9:40です。
この日はあいにくの曇り空で、集合時間の頃は小雨もぱらついていました。


長閑な清流沿いを歩く(10:00)

東吾野駅からしばらくは舗装された道路を歩きます。
途中、県道を横切らなければならないところがあるのですが、車の往来の激しい上に道がカーブしていて見通しが悪くちょっと大変でした。
県道を渡ってからの舗装道路は途中から写真のように長閑な清流沿いとなり、川のせせらぎの音も聞こえ、とても心地良いです。

 


(10:20)

道路を歩いているとあちらこちらで桜が満開の時期を迎えていました。
メンバーのみんなも綺麗な桜の木があると立ち止まっては写真を撮っていました。
今日は序盤から、のんびりスタートです。


山道始まる(10:30)

20分ぐらい舗装道路を進んだ後、右に折れる山道がありました。
ここから若干、急坂となり道幅も狭くなります。
山を登っているという感じです。。。


 ここでのようなガレ場も多くなってきました。山道に入って少し歩くとすぐに右の林の中の細い道へと分岐します。
山道に入って少し歩くとすぐに右の林の中の細い道へと分岐します。
山道に入って少し歩くとすぐに右の林の中の細い道へと分岐し
ユガテ(10:50)

山道を20分ぐらい進むと平坦な分岐点に到着します。ここから左手の山道を登ると昨年訪れた顔振峠へ行くことができます。
今日は、この分岐点を真っ直ぐ進みます。分岐点からすぐのところに「ユガテ」があります。
ユガテは、奥武蔵の山村の中でも、もっとも美しい集落とのことで、春の花が咲きそろうシーズンは宝石箱を思わせる素晴らしさとのこと。
我々が、訪れた時期はまだちょっと早かったかもしれません。


エビガ坂(11:00)

ユガテには民家が2軒あり、畑を抜け、この民家の庭先を通って、小さな階段を登ります。
階段を登りきったところが広い道路となっており、この道路を横切って、再び山道に入ります。
山道をしばらく進むと、「エビガ坂」と呼ばれる分岐点があります。
ここを右に進んでも顔振峠に行けます。


鎌北湖(11:45)

今回のコースの中間地点、鎌北湖に到着です。
鎌北湖は約200本の桜が咲き誇る名所でもあり、数日前にちょうど満開の時期を迎えていました。
湖の畔には、釣りを楽しむ人たちが大勢いました。鎌北湖は、へらぶな釣りでも有名な湖です。


廃墟(11:55)

鎌北湖の湖畔に沿って細い山道をしばらく歩いたところで広い場所に出ました。
ここには、かつてレストハウスとして賑わっていたと思われる建物の廃墟がありました。
昨年訪れた時には、まだ建物として残っていたのですが、今回は完全に焼け野原のような廃墟となっていました。


山道再び(12:25)

湖畔に沿って半周ほど歩いたところに駐車場とお店があります。
この辺りには桜もたくさん綺麗に咲いていました。
ここから再び山道が始まります。それほど急な山道ではありませんが、この山道が今回のコースの中で最もきつい所ではないでしょうか?


北向地蔵(12:45)

山道を登りきったところに「北向地蔵」があります。
北向地蔵は、名前の通り北向きに立つめずらしい地蔵尊です。
悪疫を防ぐお地蔵さまはハイキングコースの目印にもなっているようです。


ランチタイム(12:50)

北向地蔵の横の道を少し上がったところに広いスペースがあったので、ここでランチタイムとしました。
メンバーの一人Sさんは、インスタントのナポリタンを持参。
カップラーメンと同様にお湯を注いでチャックを閉めて数分待てば出来上がりです。
自分は、以前カルボナーラを食べたことがあるのですが、結構美味しかったです。


気持ちのいい尾根歩き(14:20)

北向地蔵から日和田山に向かって眺めの良い尾根歩きが続きます。
途中、一度舗装道路に出るところがあり、ちょうど出たところに売店があります。
以前、訪れた時は暑い日だったので、ここでアイスクリームを食べました。
この売店のすぐ先に休憩スポットがあり、ここに大きな桜の木があります。

クリックで拡大クリックで拡大

 


山頂直前の急登(14:55)

舗装道路から再び尾根歩きが始まります。
1時間ぐらい尾根歩きが続いた後で、日和田山頂の直前だけ、急な岩場となっています。


日和田山山頂(15:05)

日和田山山頂に到着です!
標高は、305m。
そんなに高くないですが、ここからは遠く日高市街が見渡せます。

 


金刀比羅神社(15:15)

日和田山頂から少し降ったところに「金刀比羅神社」があります。
ここから高麗の里と巾着田が箱庭のように一望できます。
ここが、このコース一番の眺望ではないでしょうか。。。


(19:30)

宴は西武池袋線沿線でトレッキングした際に定番となっている飯能の中華料理屋です。
昨年の反省を踏まえて、今回はオーダーするものを慎重に選択したため、みんな満足していたようです。

 

今回は、桜で有名な鎌北湖に時期を合わせるかたちでスケジュールを組んでみました。
このコースは、比較的楽な初心者向けのコースですが、距離は結構あり、コースも変化に富んでいるためそんなに飽きないおすすめのコースです。

鎌北湖の桜は綺麗!
今回の教訓
2017-05-21T10:26:08+00:00

コメントする