~へたれ部長の登山・トレッキング備忘録~

第30回:富士山五合目・樹海 ~ 富士山はやはりでかい! ~

ホーム/第30回:富士山五合目・樹海 ~ 富士山はやはりでかい! ~
スタート地点 富士五合目 ゴール地点 富士五合目
最高標高 2230m コース標高差 54m
歩行距離 9.6km 歩行時間 4時間
参加メンバー 4名
trekkingmap-20120504-1trekkingmap-20120504-2 ※クリックで拡大
ギャラリーを見る
GWの3~4日に雲取山に一泊二日で登山する予定だったんですが、出発前日の予報が雨だっため、急遽4日のみ日帰りで栃木県の「袈裟丸山」に行く予定に変更。

が、2日の予報では、4日の袈裟丸山は晴れだったのですが、3日の予報では雨に変わってしまいました。
それで参加メンバーで検討し、4日の日に天気がよ良さそうなのは富士山近辺しかなさそうだったので、富士山五合目と樹海に行くことにしました。
なので、今回は軽トレッキング&観光といった内容になっています。


足柄SA(6:10)

集合場所は、東名高速道路の足柄SAに6:30。
GWで高速道路は大渋滞予測が出ていたので、かなり早めの集合時間です。

部長号は、4:00~5:00に各メンバーの自宅近くでピックアップしてから東名高速に向かいました。
さすがにこれだけ早めの出発時間だと道路も空いており、予定よりかなり早く6:00頃、SAに到着しました。


富士山は雲の中(10:10)

さすがGW、足柄SAは朝の6時だというのに満車に近い状態です。
ロッテリアのハンバーガーで朝食を済ませ、富士山に向けて出発です。

ただ、前日までは終日晴れの予想が、曇りに変更。
御殿場ICを降りても富士山は雲に隠れたままでした。
富士山五合目に行くためにはちょうど富士山の反対側まで麓を回って行くのですが、ちょうど半分ぐらいまで回ったところで、青空が見えてきました。
ただ、富士山の山頂は相変わらず雲に隠れたままです。


かすかに山頂が!(10:20)

富士山五合目に行くには、富士スバルラインを通って行きます。
麓付近は、まだ太陽の日差しが差し込んでいましたが、途中から雲の中に入っていき、あたりは真っ白です。
メンバーも本当に山頂が見れるのか心配でしたが、6合目あたりから雲が晴れてきて、青空が見えてきました。
すると、樹林帯の上の方にかすかに山頂が見えてきました!


富士山頂!(10:30)

五合目の駐車場まであと少しのところで突然、目の前に富士山頂が!

ちょうどいい場所に駐車場があったので急いで駐車して撮影開始です。
山頂がちゃんと見れるかどうか不安だったのですが、素晴らしい景色にメンバー全員テンションが一気にMAXになりました!
しかし、五合目から見ても山頂は遥か彼方です。

やはり富士山はでかい!!

山頂が見えたので全員満足した状態で、五合目の駐車場に向かいます。
しかし途中で駐車場待ちの渋滞に。。。 ちょうど渋滞の最後尾付近に駐車場があったので、そこに停めて五合目まで歩くことにしました。
歩いている途中で五合目までのシャトルバスの乗車場所があり、ちょうどバスが待っていたので、これに乗っていくことにしました。 ラッキー!


富士山五合目簡易郵便局(10:50)

五合目に到着すると、そこは霧の中。。。

山の天気って変わりやすい

下界の景色は全く見えず、富士山頂も霧の中です。
仕方なく土産屋めぐりをすることにしました。
ちょうど土産屋のそばに五合目に設置されている簡易郵便局があったので、郵便局前に設置されていた銅像の前で記念撮影です。

クリックで拡大クリックで拡大


なかなか雲取れず。。。(10:55)

お土産屋めぐりも終わり、富士山頂の展望スポットに移動。
しかし、五合目駐車場付近は、ちょうど雲がかかるエリアにあって、なかなか雲が取れません。

う~ん、まあさっきよく見えたから、いっか。。。


小御獄神社(11:05)

ちょうどお土産屋の間を進むと大きな赤い鳥居があり、その奥に「小御獄神社」がありました。
小御岳は現在の富士山が形成される以前の山だそうで、山岳信仰の霊地として今より千年以前の承平七年に創建されたものらしいです。

千年前は、ここが山頂だったんでしょうか。。。


奥庭トレッキング(11:30)

相変わらず五合目付近は雲が取れないため、諦めて駐車場に戻ることにしました。
車に戻り、富士スバルラインを少し下ったところにプチトレッキングのできる場所があったので、行くことにしました。
GW真っ只中ということもあり、駐車場待ちの渋滞の列が遥か下までずっと続いてました。

早起きして来て良かった。。。

トレッキングの入口そばの駐車場に車を停めて、トレッキング開始です!
道は舗装されていましたが、結構急な下り坂です。

帰りにここを登らなければならないのか。。。

5分ほど道を下った後、茶店があり、そこを起点に往復20分ぐらいの場所に展望スポットがあります。
この辺りは、雲もなく展望スポットからは雲海の絶景が拝めました!


樹海広がる(11:50)

トレッキングで軽く汗をかいた後、再び富士スバルラインを下ります。
途中、展望駐車場があったので早速立ち寄ることに。
ここからは、富士の樹海がよく見えました。
これから今日の2つ目の目的地であるこの樹海に向かうのですが、上から見ても結構広いです。。。


ランチタイム(12:00)

樹海トレッキングのスタート地点となる「西湖野鳥の森公園」に車を停める頃、空模様が怪しくなり小雨が降り始めました。
ガイドブックに野鳥の森公園のギャラリー内に「レストラン カナディ」があり、手作りハンバーグが美味しいと書いてあったので、ここでランチタイムとしました。
写真のように見た目はシンプルなのですが、とても美味しかったです。


樹海トレッキング(13:35)

ハンバーグを食べ終わる頃には、雨も上がり、いよいよ樹海トレッキングの開始です!

樹海といえば、自殺志望者が訪れる場所というイメージが強かったのでちょっと心配だったのですが、このあたりの樹海コースは、ちゃんと観光地化されており、道端の看板も整備されて迷うことはない感じでした。
コースは、樹海というだけあって、もののけ姫の森のように苔生した木々が多く怪しげな雰囲気を醸し出していました。
以前訪れた「にゅう」の雰囲気と同じ感じです。


竜宮洞穴(13:45)

樹海コースをちょうど半分ぐらい進んだところに「竜宮洞穴」がありました。
ここは洞穴といっても穴の奥までは入れない状態なのですが、ちょっと段差のある階段を下って穴の入口付近まで行くと急に気温が低くなって冷蔵庫の中に入ったような感じでした。
入口付近は雪がまだ固まって滑りやすい状態になってました。


紅葉台(13:55)

竜宮洞穴からコウモリ洞穴に向かう予定で道を進んいたのですが、急に目の前に山道が現れました。
慌てて、地図を見直したところ、どうも道を間違えたようです。
戻るのも面倒だったので、ちょっと遠回りになってしまうのですが、山を越えて進むことにしました。
この山、「紅葉台」と呼ばれており、紅葉の季節には紅葉スポットとなっているようです。
山頂からは、富士山が綺麗に見えた(写真を撮った時は、山頂付近は雲に覆われてしまいましたが)ので、早速記念撮影を!


コウモリ洞穴(13:45)

ちょっと遠回りでしたが、コウモリ洞穴にようやく到着!

入口で入洞料を払うと、ヘルメットを渡されました。
なんか工事現場に行くみたいなんですが、このヘルメットの重要性が後で身にしみてわかることに。。。

コウモリ洞穴は溶岩洞穴らしく、富士山から流れ出た溶岩で形成されたもののようで、洞穴の中に入ると、溶岩が流れたあとのような場所がいたるところにありました。
ヒンヤリとした洞穴の中を奥に進んでいくと天井がどんどん下がってきて、右写真のようにしゃがまないと進めないようなところもあり、頭を天井にぶつけてしまうことも多々ありました。
ヘルメットがなかったら大変なことになっていたでしょう。

クリックで拡大クリックで拡大


富士芝桜祭り(13:55)

コウモリ洞穴からスタート地点の野鳥の森公園に戻るには、歩いて1時間以上かかるため、河口湖付近を周遊しているレトロバスを利用して戻ることにしました。
駐車場まで戻り、今日最後の目的地「富士芝桜祭り」会場に向けて出発です!
富士桜は三分咲きだったのですが、GWということもあり駐車場は、車で一杯でした。
会場の一番奥に設置されている高台に上り、園内を見渡すと三分咲きでも芝桜がとても綺麗にみえました。

満開になったら、ものすごいことになるんでしょうね。。。


さくらデザート満載!(14:00)

祭り会場内では、いろんなご当地グルメが売られていたのですが、我々の目に付いたのは桜を食材にしたデザートです。
私と他のメンバー二人はそれぞれ違うタイプのデザートを購入!
自分は、さくらあんロールを購入したのですが、これがすごく美味しかったです!
他の二人も美味しかったようです。
写真は、Kくんが買った「桜トライフル」です。
Gくんだけはお目当ての品が売り切れだったため、鯛焼きに変更です!
ここの鯛焼き、「ふじやま鯛焼き」といって、鯛焼きのバッグに富士山が型どられていました。


天母(あんも)の湯(14:15)

帰宅時間が遅くなりそうでしたが、疲れを癒すために温泉に入ることに。
帰り道にあまり良い温泉場がなかったのですが、露天風呂があり、眺めも良さそうな「天母の湯」へ向かいました。
ここの温泉、露天風呂の眺めは良かったようなのですが、脱衣所は最悪でした。
4畳半ぐらいのスペースにロッカーが設置されているため、脱衣所待ち状態が発生していました。


重ねとんかつ かつ銀(14:00)

温泉を出る頃には19時を過ぎてしまっており、このまま高速に乗ると夕食を食べるのが難しくなってしまうため、帰り道にあった重ねとんかつで有名な「かつ銀」で夕食を取ることにしました。
ここのとんかつ、結構美味しい上にご飯、味噌汁、サラダ、デザートなどがバイキング形式で取り放題なんです!

今回は、トレッキングとはちょっと離れた内容だったかもしれませんが、富士山、樹海、芝桜と盛りだくさんの内容で参加メンバーの満足度も高く良かったと思っています。

富士山は、やはりでかい!
今回の教訓
2017-05-21T10:26:07+00:00

コメントする