~へたれ部長の登山・トレッキング備忘録~

第32回:那須岳 ~ 初心者でも絶景が堪能できる山 ~

ホーム/第32回:那須岳 ~ 初心者でも絶景が堪能できる山 ~
スタート地点 那須ロープウェイ山麓駅 ゴール地点 那須ロープウェイ山頂駅
最高標高 1915m コース標高差 535m
歩行距離 全6km 歩行時間 4時間
参加メンバー 6名
trekkingmap-20120701
※クリックで拡大
ギャラリーを見る
朝日岳茶臼岳
那須ロープウェイ山頂駅で購入したものです。
※クリックで拡大
今回は、元々浅間山に行く予定だったのですが、前日、天気予報をチェックしていると浅間山は朝から雨模様の予報。。。

最初から雨だと分かっていて行くのはちょっと嫌だったので、代わりの候補地を検討。
低気圧が西から移動してきていたので、東方面で良いところはないか調べたところ、那須が浅間山と同じ活火山で良いのではないかと。。。
那須の天気も予報では雨でしたが、降り始めが16:00の予想だったので、ここに決定!
早速、参加メンバーに連絡を行いました。


ロープウェイ駐車場(8:30)

集合は、東北自動車道の佐野SAに7:00です。
今回は、部長号とG号の2台です。電車の始発前に他のメンバーをピックアップしないと間に合わないため、2台とも自宅を出発したのは、4時前です。。。

6:40に佐野SAに到着すると、すでにG号は到着済み。

聞くと6:10頃到着したとか。。。

その後、7:00にSAを出発し、高速道路も渋滞することなく、那須のロープウェイ駅に8:30頃到着しました。


那須岳をバックに記念撮影(8:45)

空は曇り空でしたが、まだ雨の降りそうな様子もなく、ちょうどトレッキングに良い気候でした。
ロープウェイ山麓駅から見る那須岳は、遥か遠くにあり、メンバーからは、思わず「あそこまで登るのか。。。」と溜息に近い独り言が。。。

駐車場から少し上がったところに山頂がよく見える場所があったので、出発前の記念撮影(※写真には人は写っていませんが)です!


那須岳登山口(9:00)

駐車場から道路沿いに10分ぐらい登ったところに那須岳登山口があります。
この近くにも駐車場があるのですが、下りにロープウェイを使用する予定だったので、最後にこの登りを行くのも嫌だと思い、ロープウェイ駅の駐車場に停めて、ここまで最初に登ることにしました。

ここに「クマ出没注意」の看板があったため、早速、熊ベルをセット!

登山口付近には赤い帽子を被った狛犬もありました。


体調不良(9:20)

朝早かったせいもあり、今日は体調不良者が続出です!

一人目は、Yくん。
昨夜3:00まで同窓会で寝不足&便秘気味で、スタート時点から足取りも重く、辛そうです。

二人目は、Kくん。
最後尾を登っていたのですが、急に姿が見えなくなってしまい、心配になって戻ってみると、道端に座り込んだ状態で、聞いてみると急にめまいに襲われたとか。。。
Kくんは、この後も登りではずっと調子悪い状態でした。。。


峠の茶屋跡避難小屋(9:45)

朝日岳と那須岳の分岐点に位置する峠の茶屋跡に到着です!

ここは、地形の関係から大変風が強いところらしく、10月から5月にかけては、想像を絶するほどの風が吹くことがあり、過去には、登山者が飛ばされて遭難したこともあるそうです。(^^;

今日は、そんなに強風ではありませんでしたが、それなりに強い風が吹き抜けていました。


那須岳の噴煙(9:50)

峠の茶屋跡からは、那須岳がよく見えます。
那須岳の山肌からは、所々、噴煙が上がっており、風向き具合によって、茶屋跡まで硫黄の臭いがかなり伝わってきます。


休憩タイム(9:55)

茶屋跡の脇にテーブルとベンチがあったので、ここで一休み!

ここに来て雲行きが怪しくなってきて、那須岳も時折、雲の中に隠れてしまいます。

う~ん、雨が近いのか。。。

ここでもらったGくん持参のドライフルーツは、美味しかったです!
次回は、自分も持って行こうかな~


危険な難路(10:00)

休憩も終わり、まず朝日岳に向かいます。

すると、峠の茶屋跡からすぐの場所に写真のような「危険」と書かれた看板が!

朝日岳への登山道は、崖が多く、落石や転石が多いのです。
また、6月上旬までは雪渓も残っているようです。

とはいえ、この時期は雪渓もなく、初心者でも気をつけて登れば問題ないコースです。


ランニングマン(10:10)

しばらく進むと目の前に崖山が現れました。

その右側面を写真のように山ファッションとは全く異なるランニングシャツ姿の男性が飄々と降りてきます。
(※ちょっと小さすぎてわからないかもしれません。。。)

ちょっと異様な光景でした。。。 


ガレ場の登り(10:15)

登山道は崖山の左側面にあり、写真のような岩がゴロゴロしたガレ場となっていました。
岩場は滑りやすい箇所もあり、補助用の鎖が設置されているところもありました。

地面の岩は不安定なものが多く、気をつけて登らないと落石を起こしそうでした。
ここは、結構、急斜面で道が狭かったため、降りてくる登山者とすれ違うために、所々で渋滞も発生していました。


危険なクサリ場(10:30)

ガレ場を登ってしばらく進むと、今度は山の側面の岩肌を鎖を伝って進む場所になります。
初心者でも問題ないところですが、ところどころ足場が狭い場所などもあり、気をつけて進まないといけません。

ただ、メンバーはアトラクションみたいと、楽しんでました。


朝日岳直前の一休み(10:40)

朝日岳山頂への分岐点にベンチがあったので、ここで一休み。
先ほどの鎖場からここまでの登りが結構、急でした。

峠の茶屋跡で怪しくなった天候ですが、あの後、回復して空は明るくなってきました。

ここからは、雲海も良く見えました。


朝日岳登頂(11:00)

分岐点から10分ほどで朝日岳山頂に到着!

360度、見渡せることができる絶景ポイントです!

ここで後から登ってきた女子中学生らしい元気のいい女の子の集団に記念写真を撮ってもらいました。


雄大な景色(11:00)

山頂からは、360度、雄大な景色が見渡せます!

空には青空も見え、足元には写真のように雲海が広がっています。
仙丈ヶ岳ほどではありませんが、ここの雲海も素晴らしかったです。


那須岳に向かって(11:25)

絶景を堪能した後、今度は那須岳に向かって峠の茶屋跡まで戻ります。
下りのガレ場は、登りよりも滑りやすく、慎重に降りなければなりません。
ちょっと気を抜くと落石を発生させてしまいそうになります。


ランチタイム(11:45)

峠の茶屋跡の周りは昼食を取ってる登山者でいっぱいだったので、茶屋の裏の少し高くなった場所にビニールシートを引いてランチタイムとしました。
朝が早かったので、みんな空腹のようで、ガッツリ食ってました。


噴煙上がる(12:20)

お腹もいっぱいになり、那須岳に向けてトレッキング再開です!

那須岳も朝日岳と同じくらいの標高なので、さっき降りてきた分、また登らなければなりません。。。
那須岳は活火山で、写真で見てもわかるように山腹の所々から噴煙が上がっています。
噴煙の場所が近づくにつれて硫黄の臭いがプンプンしてきました。


飛行機雲(12:30)

低気圧が近づいているはずなのに、空はすっかり青空に変わり、日差しが強く差してきました。
その青空の中に一筋の飛行機雲が!

綺麗ですね~

登山道はガレ場となり、山頂に向けて段々、急になってきました。


那須岳山頂!(12:50)

峠の茶屋跡を出発して50分ぐらいで那須岳山頂に到着しました!
ここも360度、見渡すことができる絶景ポイントです。

ここには、小さな那須岳神社もあります。

山頂の景色を堪能していると西から怪しげな黒い雲が近づいてきたため、早めに下山することに。。。


ロープウェイ山頂駅到着(13:30)

那須岳山頂からロープウェイ山頂駅までは、ガレ場の連続です。

ここは下るのはいいけど登ってくるのは嫌だな~

時折、登山らしからぬ軽装で登ってくる観光客とすれ違うと大丈夫なんだろうかと心配です。
ロープウェイに乗って手軽に来れる場所なので、みんな気軽に登ってるんでしょうね。。。

ロープウェイ駅には、「くまに注意」の看板が。。。
う~ん、このぬいぐるみ使っていいんですかね~


温泉「那須山」(14:30)

トレッキングの後はというと。。。当然、温泉です!

場所は、那須で有名なお菓子の城のすぐ裏にある「那須山」です。
那須山は、古民家材を随所に取り入れた漆喰仕上げ純和風平屋建て300坪(990平方メートル)の源泉100% かけ流しの日帰り温泉です。

まだ時間が早かったせいもあり、人も少なく、温泉も広々としておりゆったりと温泉を堪能することができました。


カフェ「SHOZO」(16:00)

帰路に着くには、まだ早い時間だったので、お茶することにしました。
ネットで、「那須 おすすめ カフェ」で検索すると、カフェ「SHOZO」というお店がトップに表示されました。
実は温泉「那須山」に行く途中に行列のできているSHOZOという名のカフェらしきものがあったので、気になっていました。。。
ネットの食べログの評価も高く、混雑覚悟で行くことにしました。

駐車場は一杯でしたが、なんとか止めることができ、早速店内に。
店内は、ほぼ満席のようだったので、待つことは覚悟していたのですが、運良くちょうど出て行くお客さんがいて、すぐに席まで通してもらいました。

席は、オープンテラスで、緑も多く気持ちのいい席です。
ただ、目の前が駐車場だったのが、若干のマイナスポイントでしょうか?

自分はチーズケーキ(焼き)をオーダーしましたが、Kさんは店頭でレアチーズケーキ(写真)を発見し、メニューにはなかったのですが、こちらをオーダー。
少し味見させてもらいましが、正直こっちの方が美味しかったです。

那須を訪れた時は、また立ち寄ってみたいと思いました。

この後、お店を出ようとした頃に待っていたかのように雨が降り始めました!
上高地といい、那須といい、最近のトレッキングは天候に恵まれています。

帰路は、案の定、雨で、東京に近づくにつれ雨が激しくなってきました。
その後、定番となってしまった石神井公園駅の側の中華屋で2人前ぐらいある大盛りチャーハンをいただき、メンバー二人を送って、自宅に着いたのは、23時頃でした。

那須は急遽決めた場所でしたが、天候にも恵まれ絶景も堪能でき、予想以上に良い山でした。
また、那須というリゾート地柄、温泉、カフェなどリゾート気分も味わえて充実した休日を過ごすことができました。

今度は、紅葉の時に来てみたいものです。

 

那須は、お手軽に絶景を堪能できる山
今回の教訓
2017-05-21T10:26:06+00:00

コメントする