~へたれ部長の登山・トレッキング備忘録~

第45回:富士山 1日目 ~ 世界遺産 富士山を登る ~

ホーム/第45回:富士山 1日目 ~ 世界遺産 富士山を登る ~

 

日程 2013年8月3日~4日 参加メンバー 10名
スタート地点 須走口五合目 ゴール地点 七合目 大陽館
最高標高 2930m コース標高差 960m
歩行距離 3.2km 歩行時間 4時間
行程 一泊二日(1日目) 宿泊場所 大陽館

trekkingmap-20130803 ※クリックで拡大
ギャラリーを見る

富士山 富士山 富士山
富士山頂で購入したものです。 富士山頂で購入したものです。
裏に登頂日を刻印してくれます(右画像)。
左バッチの裏面です。
登頂日が刻印されています。

今回は、ついに富士登山です!

昨年、一昨年と2年連続して悪天候で断念しましたが、世界遺産に登録された今年、ようやく実現となることになりました。

参加者は10名です!

富士山登頂には4つのコースがあり、初心者向けで一番人気なのは吉田ルートです。
スタート地点の標高が2500mと最も高く、途中休憩できる山小屋がたくさんあるためです。
ただ、人気ルートだけに人が多いという欠点があります。

我々は、以下の点から須走ルートを選択することにしました。

  • スタート地点の標高が1970mのため、ゆっくり高度を上げられるので高山病対策になる
  • 登りは樹林帯があり変化に富んでおり、、下りは砂走りと膝に優しい
  • コースが混んでいないので、自分たちのペースで登れる

今回は10人と参加人数が多いため、車4台に分かれて集合することにしました。
ただ、この時期の富士山はマイカー規制のため、五合目まで車で行くことができません。
なので、麓に仮設された臨時駐車場に車を停めなければなりません。
須走ルートの場合は、須走IC近くにふじあざみライン用仮設駐車場があります。
集合は、この仮設駐車場に8:00です。


ふじあざみライン用仮設駐車場(7:00)

8/3(土)の中央道の朝の渋滞予測が30kmを超えていたので、埼玉居住の自分は、外環→関越→圏央道→中央道と迂回して行くことにしました。

これが正解でした。

4時過ぎにに自宅を出発し、メンバーを途中、北浦和駅でピックアップした後、外環→関越→圏央道と走りましたが、この時間は当然のごとく高速はガラガラで中央道との合流地点を5:30頃通過、須走ICには6:30頃に到着することになりました。
須走ICから仮設駐車場までは、5分ほどで到着なのですが、この道がちょっとわかりにくいので、行かれる方は、こちらのサイトをご参考ください。

 


シャトルバスに乗り換え(8:00)

仮設駐車場から五合目まではシャトルバスに乗り換えて行きます。
バスは30分おきに出ており、朝早いせいもあってかそんなに混んでいませんでした。
バス停の看板の横には、大きく協力金?1000円のお知らせが。。。

ちょうど今日までだったんですね。。。


須走口(五合目) (1970m)(9:00)

駐車場からバスに揺られること約1時間で須走口に到着です。
須走口は、場所がそんなに広くないせいか、予想以上に多くの人で混雑しているような気がしました。
残念ながら、天候は曇りでした。

 


記念撮影(9:10)

全員で「富士山須走口五合目」の看板の前で記念撮影です。
(※写真には人が写っていませんが。。。)

 


高山病対策のための休憩(9:30)

標高2000mとはいえ、バスで急に高度を上げたため、ここで1時間ほど休憩することにしました。
ただ、休憩する場所は各お土産屋の前に設置されたテーブル席しかなかったため、我々も空いているテーブル席に着席。
昼食にはちょっと早かったのですが、みんな朝が早かったので、少し早目のランチとすることにしました。


富士山カレーライス vs チャーハン(9:30)

山小屋のメニューを眺めつつ、ここはやっぱり富士山。
富士山と名前のつくメニューを見るとカレーライスチャーハンが目につき、チャーハン好きの自分としては、迷わずチャーハンをオーダーしました。
しかし、他のメンバーがオーダーしたカレーライスを見て、失敗したと思いました。
上に紅ショウガだけが乗っているチャーハンと違い、カレーはチーズがトッピングされ、さらにパンまで付いています。

クリックで拡大クリックで拡大

 

 

 

 

 

 


富士山価格(10:00)

連立する山小屋のそばに飲料水の自動販売機があったので、価格を見ていると「200円」の表示が。

やっぱり、富士山、高いです。

が、この後、高度が上がるにつれ、この値段がどんどん上がっていくことに。。。

 


山頂へ向け出発!(10:10)

須走口で1時間ほど休憩したので、山頂へ向け出発です!
天気は相変わらずの曇り空で、霧も多くなってきました。

 


協力金と記念バッチ(10:15)

スタートしてすぐに道の左側に富士山保全のための協力金のコーナーがありました。
1000円を払うと、記念にバッチをもらうことができます。

 クリックで拡大クリックで拡大


登頂祈願(10:20)

須走口にはスタート地点からすぐのところに古御岳神社(こみたけじんじゃ)があります。
ここからが本格的な登山道のスタートです!
ここで、登頂祈願をしました。
今回は、参加メンバーが10名もいるため、全員登頂できるか若干、心配です。


樹林帯(10:20)

神社から先、しばらくは樹林帯が続きます。
須走ルートは富士山としては珍しく原生林に覆われた登山道で、これが他の登山道と違う特徴と言えるでしょう。
日差しが強い日などは樹林帯の枝葉が太陽の光を遮ってくれるので、とても歩きやすいと思います。
しかし、今日は完全にガスっており、樹林帯と相まって神秘的な雰囲気を醸し出しています。


相変わらずのガス模様(11:10)

樹林帯を抜けると灌木と砂礫のエリアとなり、かなり先の山道まで見えるようになってきました。
が、相変わらずのガス模様です。

 


新六合目 長田山荘(2450m)(11:45)

五合目を出発して約1時間半で、新六合目の長田山荘に到着です。
山荘の前のテーブルでは、休憩を取る登山客が大勢いました。
我々も空いているテーブルで一休みです。

ここで標高は、2450m。
ちょうど吉田口ルートのスタート地点と同じぐらいの標高です。

クリックで拡大クリックで拡大


雲海広がる(12:15)

長田山荘でトイレ休憩を済ませ、再び出発です。
ここからしばらくまた樹林帯が続きます。
五合目付近の樹林帯に比べると幾分、背が低くなっており、これらの木々に覆われたトンネルのような道を進みます。

やがて視界が開け、あたりが少し明るくなってきたところで後ろを振り返ると目の前に雲海が広がっていました。
ようやく、雲と同じぐらいの高さまで来たようです。
本六合目の瀬戸館の近くまでくると、溶岩のゴツゴツした岩場も出てきました。

 


本六合目 瀬戸館(2700m)(12:40)

長田山荘から約1時間、本六合目の瀬戸館に到着です!
ここで標高は、2700m。
ここには売店があり、ペットボトルは、ここですでに400円です。。。

 クリックで拡大クリックで拡大


冷えたパイナップル(12:45)

ここの売店では、なんとガリガリ君を売っていました!

一個250円です。。。(^^;

自分は、その横の「冷えたパイナップル 一切れ 100円」にとても引かれたため、思わず買ってしましました。

これ、すごく美味しかったです!

クリックで拡大クリックで拡大

 


山頂だ!(13:00)

瀬戸館を出発して、しばらくすると急に空に青空が広がり、遥か遠くに山頂が見えてきました!
やはり、山頂が見えるとテンションが上がります!

でも、まだまだ遠いな~


雲海を横目に登る(13:15)

そろそろ2800mを越えたあたりでしょうか?

このぐらいの高さまで来ると、雲海が自分たちの高さよりも下の位置に来るようになり、雲海を横目に見ながら登っていくようになりました。

そう、これを待っていたんです! やっぱり、雲海を見ながらの登りは爽快です!

 


七合目まであと200m!(14:00)

七合目まであと200mの看板!
本日の宿は七合目の大陽館なので、あともう一息です!
この辺りの標高は、森林限界を超えており、まわりは岩がごろごろした道が多くなってきました。

クリックで拡大クリックで拡大


七合目 大陽館到着!(2930m)(14:15)

須走口をスタートして約4時間、本日の目的地「大陽館」に到着です!
大陽館は、想像していたよりも小さい山小屋でした。
上空は青空が広がっていましたが、山小屋の目の前は、再び雲が覆った状態となり、雲海の絶景は見ることができませんでした。

 


山小屋の中(14:40)

チェックインを済ませ、山小屋の中に案内されました。
山小屋の中は廊下を挟んで両側に2段ベッドが設置されていました。

 


本日の寝床(14:50)

2段ベッドの中はこんな感じです。
我々男性チーム4人は、この狭さの中、同じ方向に寝るのは難しいと判断し、頭と足を交互に向けて寝ることにしました。
女性陣は6名だったため、同じ広さの区画に3名ずつと我々よりもゆとりがあったようです。


七合目は雲の上(16:40)

出発が朝早かったせいもあり、みんな疲れがどっと出たようで、全員、ベッドで爆睡です。
そんな中、外の様子を見に行ってみると、到着時とはうって変わって見渡す限り雲海の絶景が広がってるじゃないですか!
こんな絶景、見ないともったいないと思い、山小屋に戻り、爆睡中のメンバーをたたき起こしました。

<大陽館前からの絶景>

 


夕食(17:00)

絶景を堪能していると、夕食のお呼びが。。。
いつの間にか17時になっていました。
17時から夕食、外はこんなに明るいのに、やはり山の夜は早いです。
夕食は、ハンバーグをメインとしたもので、ほとんどの山小屋の夕食がカレーなのに対し、ちゃんとした夕食メニューです。

これが、大陽館を選択した理由の一つです。


影富士!!(18:30)

夕食を済ませ、今回の富士登山で期待していた影富士を見に外にでました。
最初は、雲海もまばらで富士山の影のように見えなかったのですが、段々と雲海が平らになり日没が近づいてくる頃には、写真のような綺麗な影富士を見ることができました!

ラッキー!

<影富士>


満天の星空(23:00)

今回の富士登山のもう一つの楽しみは満点の星空です。
まだ、周りの人が寝静まっている深夜に起きて山小屋の外に出ると、そこには天の川までくっきりと見える満天の星空が!
他のメンバーからも「すご~い!」と感嘆の声が上がります。
写真は、メンバーの一人が三脚で撮影したものです。

ホント綺麗ですね!

さあ、明日はいよいよ山頂に向けて出発です!

スポンサードリンク

 

★★ブログランキング参加中★★
▼応援クリックしてもらえると、嬉しいです!!
にほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ

 
2日目へ続く

 

2017-05-21T10:25:49+00:00

コメントする