~へたれ部長の登山・トレッキング備忘録~

第56回:昇仙峡 ~ 素晴らしい紅葉と360度の絶景 ~

ホーム/第56回:昇仙峡 ~ 素晴らしい紅葉と360度の絶景 ~
日程 2014年11月8日 参加メンバー 6名
スタート地点 昇仙峡市営駐車場 ゴール地点 昇仙峡市営駐車場
最高標高 1058m コース標高差 43m
歩行距離 4.5km 歩行時間 約4時間
trekkingmap-20141108

※クリックで拡大

ギャラリーを見る
今回は、紅葉シーズンということもあり、紅葉の名所「昇仙峡」に行くことにしました。

昇仙峡は、2010年に一度訪れたことがある場所ですが、その紅葉の美しさにまた訪れたいと思っていた場所です。
ただ、昇仙峡はトレッキングというよりもハイキングに近い観光スポットです。

参加メンバーは6人だったので、Kさんにも車を出していただき、2台で行くことにしました。
前回、談合坂SAに8:30にし、大渋滞にハマって昇仙峡に昼ごろに到着した苦い思い出があったので、今回は調布駅に6:30に集合としました。


駐車場到着!(8:50)

自宅から調布駅に行くには、首都高を通って行く必要があるのですが、土曜日ということもあり、どの程度渋滞しているかわからなかったので、安全のために自宅を4:30に出発

しかし、さすがに早すぎたのか約1時間ほどで調布駅に到着。
駅のロータリーでコンビニで買ったサンドイッチを食べながら、メンバーの到着を待ちます。

6:30に全員集合し、調布駅を出発!

さすがにこの時間の中央道は、それほど渋滞もせず、途中、甲府昭和IC直前の境川PAで休憩をしたにも関わらず、9:00には昇仙峡のロープウェイ近くの市営駐車場に到着しました!
前回とは大違いで、駐車場もまだガラガラ状態です。(^^;


黄色が眩しいイチョウ(9:00)

駐車場のすぐ近くに眩しいぐらいに見事に黄色く紅葉したイチョウの木がありました。


昇仙峡ロープウェイ(9:10)

前回、時間がなく訪れることができなかったロープウェイです。

前回来たときは、建物の外までロープウェイの待ち行列が続いていましたが、さすが早朝、行列らしきものはありません。
チケット売り場も空いています。 料金は、大人往復1,200円です。

しかし、チケットを購入し、乗り場に向かうと、そこには行列が。。。

空いているとはいえ、結構な人数が待っていました。


ロープウェイは超満員(9:25)

ロープウェイの始発は9:00のようで、20分間隔で運行されています。
我々は、2本目になんとかぎりぎりで乗ることができたのですが、ロープウェイ内は朝のラッシュの山手線なみの混雑ぶりです。


パノラマ台駅(9:30)

乗車時間は、約5分
あっという間に山頂のパノラマ台駅に到着します。

途中、山肌の木々が綺麗に紅葉していたのですが、混雑した車内では、ゆっくりと鑑賞することができませんでした。


ふくちゃんコースへ(9:30)

パノラマ台駅を出たところが見晴台のようになっていて、そこから富士山も見えるらしいのですが、その時は、見えませんでした。
我々は、今日は弥三郎岳まで行く予定だったので、見晴台から左方向の「ふくちゃんコース」に向かいます。


弥三郎岳、見える(9:37)

見晴台から山道を進みを弥三郎岳に向かって進みます。
本格的な登山道ではないので、トレッキングシューズでなくても大丈夫ですが、ハイヒールなどではちょっと難しいと思います。

パノラマ台駅から10分ぐらい進んだところで木々の間から弥三郎岳らしき岩場が見えてきました。

お~、結構急な岩場じゃん。。。


スリルに満ちた登山道(9:38)

弥三郎岳のすぐ下あたりまで進み、山道の勾配が若干きつくなったところに写真のような看板が。。。

これからいよいよスリルに満ちた登山道です

ワクワクします。。。(^^;


岩場を登る(9:40)

弥三郎岳まであと少しのところから急な岩場の登りが始まります。

最初は階段を上がり、

次に少し幅の狭い岩場の上を進みます。
岩場の右側は周りが見渡せる高度感のある高さなので、高所恐怖症の方は若干怖いかもしれません。

最後に大きい岩に掘られた階段を登ります。

岩場の上から登ってきた階段を撮ったものです。


弥三郎岳(9:45)

弥三郎岳の山頂付近は、大きな丸い岩でできており、多くの人が座ってくつろいでいます。

ここからは、360度、絶景が見渡せます。

実はこの場所からもう1段上に上がる場所があるのですが、その場所は周りを木々に囲まれてあまり見晴しがよくありません。
ちなみに、その場所から大きな丸い岩を撮影したものが、下の写真です。
ちょっと、木が邪魔で、丸い岩が良く見えないですが。。。


金峰山(9:47)

弥三郎岳からは、金峰山が見えるのですが、この日は雲に邪魔されて見えませんでした。


富士山!(9:50)

さきほど見えなかった富士山も、雲の上にその姿を現しました!


ゆめちゃんコースを散策(10:05)

弥三郎岳からの景色を堪能した後、パノラマ台駅まで戻り、反対側のゆめちゃんコースに向かいます。

こちらには、和合権現の御神木が祀られていました。

縁結びの神様ということで女性メンバーが、「お詣り次第」に従い、お詣りをしていました。


龍の松(10:15)

パノラマ台駅から5分ぐらい進んだところに「龍の松」があります。

なんでも、金峰山から発する「龍脈」が、この松の「龍の瞳」に当り「龍穴」となっているとのことです。


約束の丘(10:17)

龍の松のすぐそばに「約束の丘」があり、

その傍に「福を呼ぶ鐘」があり、大勢の人が順番に鐘を鳴らしていました。


ロープウェイで下る(10:22)

山頂の景色を堪能した後、ロープウェイで本日の目的地、昇仙峡へと向かいます。


虹の仙娥滝(せんがたき)(10:55)

今日は紅葉最盛期の休日、予想通り、昇仙峡の遊歩道は観光客で大混雑。。。

人をかき分け、何とか最初の観光ポイント、仙娥滝に到着です。

すると、滝の下の方に虹が!

紅葉した木々に彩られた美しい滝と七色に輝く虹、言うことありません!!


今にも落ちてきそうな岩の下を歩く(11:00)

仙娥滝を少し先に進むと、写真のように大きな岩場が頭上に迫ってくる道となります。
岩が今にも上から落ちてきそうです。


石門(11:05)

昇仙橋を渡り、川の反対側の道を進むと「石門」があります。

巨大な岩は上部と下部とが接しているようにみえるのですが、近づいてみると先端がわずかに離れています。


覚円峰(かくえんぼう)(11:10)

遊歩道から上を見上げると、昇仙峡の主峰「覚円峰」の巨大な姿が迫ってきます。


見事な紅葉!!(11:15)

石門を過ぎると、本格的な紅葉ポイントです!

遊歩道の周りは、赤や黄色に見事に色づいた紅葉の木々で覆われており、差し込んだ日の光に葉が光り輝いていました。


山梨名物「ほうとう」(11:40)

お昼の時間が近付いてきたので、混雑を避けるために早めに遊歩道の途中にあったお店に入りました。

今日は、「ほうとう」を食べることも目的のひとつだったので、迷わず「田舎ほうとう」を注文。

鉄鍋に入ったアツアツのほうとうは、とても美味しかったです。

別のメンバーが注文していた岩魚定食も美味しそうでした。


水墨画のような情景(12:15)

ほうとう」を食べたお店のすぐそばに遊歩道から少し川辺に下りれる広い場所があるのですが、そこから見える覚円峰は、周りの木々の紅葉と相まってとても綺麗です。

まるで水墨画に美しい色を付けたような情景です。


天狗岩?(12:20)

ガイドマップに「天狗岩」と書かれた箇所がこの辺りにあったので、どこだろうと探したのですが、それらしき岩が見つかりません。
しばらくあたりをいろいろと見回して、ようやく写真のような岩を発見!

ちょうど天狗の横顔のように見えませんか!

絶対、この岩だと確信して写真を撮ったのですが、家に帰ってインターネットで調べると残念ながら、違う岩であることがわかりました。

でも、自分が撮った岩の方が、どう見ても天狗に見えるんだけどなあ~

 


美しいイチョウ(12:40)

遊歩道をさらに進んでいると、道の右側に分岐した道があり、その道端に写真のように鮮やかな黄色に染まったイチョウの木がありました。

多くの観光客が、その美しさに惹かれて、立ち止まって写真を撮っていました。


羅漢寺(13:00)

羅漢寺橋を渡り、羅漢寺に向かいます。
ここの境内の階段周辺の紅葉も素晴らしかったです。

取りあえず、天候が若干、曇りになってきたため、この辺りでUターンすることにしました。


トテ馬車(13:20)

羅漢寺でUターンして、元来た道を戻ります。

道をしばらく戻っていると後ろから馬の足音が近づいてきました。
音のする方向を見ると観光客を乗せたトテ馬車を1頭の馬が引いて道を登ってきます。


昇仙峡ライブカメラ(13:45)

先ほど「ほうとう」を食べたお店のところまで戻ってきました。

お店のそばに「ライブカメラ」が設置されてるのを発見。
いつも昇仙峡のHPで見ているライブカメラの映像は、ここから撮ってるんですね。


美しい紅葉の渓谷(13:50)

渓谷は、色々な色に染まった木々でとても美しいです。


赤と黄(13:50)

帰り道、ロープウェイ駅のそばの山梨ワイン王国に立ち寄りました。
見学は無料です。

そのワイン王国のそばにあるガーデンに真っ赤に染まった紅葉と黄色に染まったイチョウの木が並んでありました。
その色鮮やかさに、思わずシャッターを押してしまいました。


駐車場に到着(14:50)

駐車場に到着!
駐車場のそばのイチョウもとても美しいです!

今回、かなり早い時間に出発したお蔭で昇仙峡の数多くの美しい景色を楽しむことができました。

それにしても、昇仙峡の紅葉は、何度見ても綺麗ですね。
奥日光と比較しても甲乙がつけがたいです。

紅葉時期の昇仙峡は、早出が勝負! 
今回の教訓
2017-05-21T10:25:21+00:00

コメントする