~へたれ部長の登山・トレッキング備忘録~
9/14 2014

第54回:西穂独標 2日目 ~ 快晴の稜線歩き ~

2017-05-21T10:25:26+00:00

2人で1枚の布団でも、隣とはどうしても密着してしまうため、ほとんど身動きがとれず、ちゃんと寝れたのかどうかもよくわからないまま、朝を迎えました。 今日の日の出の時刻は5:33。 この時期、山荘からはご来光が見ることができず、明神岳の上から日が出てくるようで、山荘内は3時頃から、山頂でご来光を見ようとしている登山客で、騒々しくなってきました。 我々は、山荘で最初の5:00からの朝食を食べてから出発することにしていたので、4:00ぐらいに起きました。

9/13 2014

第54回:西穂独標 1日目 ~衝撃、 1枚の布団に3人?! ~

2017-05-21T10:25:27+00:00

第54回目のトレッキングは、西穂独標です! 9月の3連休ということで、当初は二泊三日で鹿島槍ヶ岳を計画していたのですが、扇沢方面の夜行バスは白馬の方まで行くので、経由するバス停から上れる山が数多くある割に、ハイウェイバスでは1本/日しかないため、連休前日の夜行バスを予約するのは非常に困難な状態です。 案の定、予約が取れなかったので、代わりに車でも行ける場所で、深夜に走行しなくてもいいようなところを検討した結果、西穂独標に行くことに決めました。 西穂独標は、始発のロープウェイに乗って、山頂駅から往復5時間程度で登頂できる山なので、日帰りでもなんとか行けるところなのですが、東京からだと車で片道7時間近くかかってしまうので、安全のために山荘に一泊するスケジュールで行くことにしました。