~へたれ部長の登山・トレッキング備忘録~
10/18 2015

第63回:奥日光 ~ 紅葉の奥日光:渋滞攻略法 ~

2017-05-21T10:25:06+00:00

今回は紅葉が見頃の奥日光ハイキング、しかし混雑必至の休日の日曜日です! 紅葉時期の日光は、週末ともなるといろは坂が大渋滞となり、いろは坂を通過するだけでも何時間もかかってしまいます。なので、今までは平日に有給休暇を取って行っていました。

10/6 2015

オフトレ:涸沢(屏風の頭) 3日目 ~ 意外とハードなパノラマコース ~

2017-05-21T10:25:06+00:00

昨日に続き、夜中に一度目が覚め、満天の星空を鑑賞。 その後、眠りに就きましたが、4時頃には目が覚めました。 あたりは、まだ暗かったので、ランタンの灯りを点け、撤収作業の開始です。 シュラフやマットなどを収納し、不要な荷物をまとめ終わったところで、トイレと洗面に向かいました。

10/4 2015

オフトレ:涸沢(屏風の頭) 1日目 ~ 素晴らしい紅葉 ~

2017-05-21T10:25:07+00:00

今回は、9月に続いての涸沢です。 しかも、紅葉真っ盛りの涸沢のテント泊です! 一昨年に初めて紅葉時期の涸沢を訪れたのですが、その時はピークをかなり過ぎてしまっていたので、あまり美しい紅葉を見ることができませんでした。 なので、今回は、紅葉のピークの時期を狙って計画を立てました。

9/20 2015

オフトレ:乾徳山 ~ アルプスデビュー前の鎖場練習に良い山! ~

2017-05-21T10:25:08+00:00

シルバーウィークの5連休、当初は、雲ノ平周辺を4泊5日で周遊したいと思っていたのですが、有峰口から折立の路線バスの予約が取れず、断念。さすが、みんな考えることは同じようです。。。 仕方ないので、近場で行ったことがない面白そうな山を探すことにしました。 それで、ネットでいろいろ探していたところ、岩場が多く鎖場の練習に良さそうな「乾徳山(けんとくさん)」という山を発見!ここに行くことにしました。

9/13 2015

第62回:涸沢 2日目 ~ 溶岩のようなモルゲンロート ~

2017-05-21T10:25:09+00:00

4時前から、部屋の外では山に出発する登山者で騒々しくなってきました。 4時を過ぎ、我々も出発の準備のために荷物を整理し始めます。 5時近くになってきたので、まだ、辺りが暗い中、受付に向かいます。 残念ながら、空は厚い雲で覆われています。

9/12 2015

第62回:涸沢 1日目(後半) ~ 空いているヒュッテはパラダイス! ~

2017-05-21T10:25:09+00:00

ランチの後、本日の宿泊場所の涸沢ヒュッテにチェックインです。 ヒュッテの受付は、テラスの真下にあります。 実は今回、自分は元々テント泊の予定だったのですが、明日の朝に天候が崩れ強風の予報が出ていたので、急遽、ヒュッテに泊まることに決めたのです。

9/12 2015

第62回:涸沢 1日目(前半) ~ 初めての涸沢ヒュッテ宿泊 ~

2017-05-21T10:25:09+00:00

今回は、部活では2回目の涸沢です! 今まで、私自信は、涸沢を4度訪れていたのですが、いつも2泊3日で中日に奥穂高や北穂高を登頂していました。 しかし、部活のメンバーは、まだ初級レベルのメンバーが多く、涸沢までは問題なく行くことができると思うのですが、さすがに奥穂高や北穂高は、まだちょっと危険かな~と思い、みんなが行けるようなものは計画したことがありませんでした。 ただ、涸沢カールの素晴らしい景色をみんなにも見てもらいたいと思い、今回は、1泊2日で行くことにしました。

8/21 2015

ソロトレ:立山三山縦走・剣岳 3日目 ~ みくりが池温泉と黒部ダム ~

2017-05-21T10:25:10+00:00

朝、目が覚めると、外は雨模様。 しかし、大雨というほどではなく、小雨程度です。 取りあえず、朝食を食べてからどうするか考えよう。 今日の朝食は、ラーメン。 前から食べてみたかった「日清ラ王」です。 具は、乾燥わかめのみです。。。(^^; ラーメンの袋を開けてわかったのですが、ラ王の麺は、丸い形をしており、自分の鍋の大きさにぴったりと入る大きさでした。

8/20 2015

ソロトレ:立山三山縦走・剣岳 2日目 ~ 無念の剱岳撤退 ~

2017-05-21T10:25:10+00:00

外がまだ薄暗い中、気が付くと朝の4:30でした。 外を見ると剱岳は雲の中。。。 マジか。。。 登るかどうかかなり迷ったのですが、こんな天気の中、登っても景色が見えないとつまらないし、予報も曇り後雨で鎖場等で雨に出会うと危険と判断し、今回登頂することは断念することにしました。

8/19 2015

ソロトレ:立山三山縦走・剣岳 1日目(後半) ~ 20kgの荷物を背負っての立山縦走 ~

2017-05-21T10:25:11+00:00

雄山からの縦走路は、岩の多いガレ場ですが、高低差はそれほどなくここまでの急登に比べれば比較的楽です。 縦走路の奥に剱岳の雄姿が見えます。 まだ、結構あるな~ 縦走路は、稜線の左側をトラバースするようにアップダウンします。 雄山から約20分、登山道の右手にちょっと高台のようになった岩場が見えてきました。 ここが、大汝山です。

8/19 2015

ソロトレ:立山三山縦走・剣岳 1日目(前半) ~ 20kgの荷物を背負っての立山縦走 ~

2017-05-21T10:25:11+00:00

今回は、昨年、悪天候で3回も延期して結局行けなかった剱岳のリベンジです。 剱岳へ行くには、一般的な登山ルートとして、別山尾根ルートと早月尾根ルートがあるようです。 ただ、今回は剱岳の登頂以外に以下の目的がありました。  ・立山三山の縦走  ・剣沢キャンプ場でのテント泊  ・雷鳥沢キャンプ場でのテント泊  ・奥大日岳の登頂

7/26 2015

第61回:唐松岳(後半)~ 山頂からの360度の絶景 ~

2017-05-21T10:25:12+00:00

扇雪渓から再び林道を登っていくと、登山道上に雪渓が現れました。 雪渓の手前で道は分岐しており、左に迂回すると雪渓を通らなくてもいいようです。 しかし、写真のように雪渓の上を歩くのは数十メートル程度のようだったので、 こちらを登ることに。 雪は、ほぼシャーベット状になっており、軽アイゼンなどなくても全く問題ありません でした。

7/26 2015

第61回:唐松岳(前半)~ 登山初級者にイチ押しの山 ~

2017-05-21T10:25:13+00:00

今年4回目の部活は、昨年、悪天候で中止になった唐松岳です! 平標山、八ヶ岳に続き、3週連続の登山です! 唐松岳は、白馬八方にあるため、高速夜行バスで行きます。 しかし、この高速夜行バスの予約を取るのが大変です。 白馬方面の高速夜行バスは、1日に1本しか走っていないのに、途中のバス停には、北アルプス北部の山々(立山、剱岳、鹿島槍ヶ岳、五竜岳、白馬岳など)が連なっており、特に金曜日の夜の出発便は、予約開始時間から数分で予約が一杯になってしまいます。

7/20 2015

オフトレ:八ヶ岳(赤岳・阿弥陀岳)(後半)~ 鎖場をアクションカムで撮影 ~

2017-05-21T10:25:14+00:00

しばらく絶景を堪能した後、登ってきた崖を下ります。 上りよりも下りの方が高度感があるので、慎重に下ります。 中岳のコルに到着する寸前に、足を滑らせて転倒。。。 最後の最後に気が緩んでしまったのかもしれません。 左腕をかなり擦り剥いてしまいました。(^^;

7/20 2015

オフトレ:八ヶ岳(赤岳・阿弥陀岳)(前半)~ 360度の絶景 ~

2017-05-21T10:25:14+00:00

先週の平標山が標高2000mでも結構暑かったので、2500m以上の山を候補として探したところ、以前より行きたかった八ヶ岳が2500m以上の山々が連なっているらしい。 お~、ちょうどいい、ここにしよう!! それで、調べたところ八ヶ岳には最高峰の赤岳をはじめとして、横岳、硫黄岳などがあり、この3つを周回するコースが、魅力的でした。

7/12 2015

オフトレ:平標山・仙ノ倉山 ~ 気持ちの良い稜線歩き ~

2017-05-21T10:25:15+00:00

夏の北アルプス登山(唐松岳、涸沢)に向けて今年から参加したメンバーのスキルアップのための候補地を探していたところ、標高が約2000mで稜線歩きが楽しめる苗場の近くの「平標山」という山を見つけました。 標高差も1000mぐらいあり、ちょうどトレーニングに良いと思い、計画をしていたのですが、いろんな人のブログを見ると朝の7時ぐらいには駐車場が満車になってしまうとのこと。

6/13 2015

第60回:笠取山 ~ 心臓破りの山頂登頂 ~

2017-05-21T10:25:15+00:00

今年の部活の最大イベント「涸沢」に備えて、メンバーのスキルアップのために、東京近郊で標高2000mぐらいの初心者でも比較的登りやすい山を探していたところ、笠取山という山を見つけました。 サイトで調べてみると登山道も整備され、山頂直下以外はそれほど厳しい道もなく、山頂からの眺望も良い。 ということで、記念すべき第60回目の部活は、奥秩父の笠取山です!

5/30 2015

第59回:棒ノ嶺(棒ノ折山) ~ 何度来ても楽しい! ~

2017-05-21T10:25:16+00:00

2015年、第2回目の部活は、今回で4回目になる「棒ノ峰(棒ノ折山)」です。 前回訪れたのが2013年なので、2年ぶりになります。 棒ノ峰(棒ノ折山)は西武池袋線の飯能駅からバスで40分のところにあります。 コースは、沢登りのようなところが多くあり、変化に富んだ楽しい山です。 前回同様、今日は関東地方は30度近い気温になるとの予報。 棒ノ峰(棒ノ折山)は、沢沿いを歩くので比較的涼しく良かったですが、普通の山だったら、ちょっと暑かったでしょう。