~へたれ部長の登山・トレッキング備忘録~

涸沢特集 ~涸沢へのアクセス方法は?~

ホーム/涸沢特集 ~涸沢へのアクセス方法は?~
涸沢特集 ~涸沢へのアクセス方法は?~ 2017-05-21T10:24:45+00:00

涸沢は長野県上高地の奥、約6時間ほど徒歩で歩いて行ったところにあります。

上高地までのアクセスルート

上高地までのアクセスルート
上高地へは、年間を通してマイカーでは入ることができません。
交通手段としては、以下の4通りがあります。

● マイカー
● 電車
● 直行バス
● 飛行機

詳細は、こちらのサイトを参照ください。

上高地から涸沢までのルート(見どころ)

①上高地~明神(徒歩約1時間)

上高地バスターミナル
上高地バスターミナル


涸沢への起点となる場所です。
ここには、登山相談所があり、登山届の提出箱もあります。
トイレや水場もあり、ここでしっかり準備をして出発します。

河童橋
河童橋


バスターミナルから5分ほどで有名な河童橋に到着します。
ここからは、奥穂高をはじめとする穂高連峰の雄姿を拝めます。

小梨平キャンプ場
小梨平キャンプ場


河童橋から10分ほど進むと「小梨平キャンプ場」があります。
林間に中にある閑静なキャンプ場です。
学生の団体や家族連れの方を多く見かけます。

明神館
明神館


バスターミナルから1時間、最初の休憩ポイントとなる明神館です。
明神地区の一軒宿で、ここからは眼前にそびえる明神岳が見ることができます。

②明神~徳沢(徒歩約1時間)

明神岳
明神岳


明神館からその雄姿を見ることができる標高2931メートルの明神岳。
かつて「穂高大明神が鎮座する山々」という意味で、穂高連峰全体をさす言葉として使われていたそうです。

古池
古池


明神館から梓川に沿ってしばらく行ったところに古池があります。
ここは、天気が良いときは池面に映る景色が素晴らしく綺麗です
行き交う人々が、その美しさに立ち止まって写真を撮って行きます。

徳沢キャンプ場
徳沢キャンプ場


次の休憩ポイントとなる徳澤園のそばにあるキャンプ場です。
広々とした草原のキャンプ場で、槍ヶ岳、涸沢、穂高の登山出発地としても利用している方が多いようです。

みちくさ食堂
みちくさ食堂


山をこよなく愛する作家・井上靖氏の名著「氷壁」に登場する山の宿、「徳澤園」にある食堂です。
ソフトクリームが有名でとても美味しく、いつもここで食べています。
山の手作りカレー」もとても人気です。

③徳沢~横尾(徒歩約1時間)

新村橋
新村橋


徳沢から20分ほど林間を進んだところにある分岐点を左に進んだところにある橋です。
涸沢へのルートでは通りませんが、この橋を通ってパノラマコースから涸沢へ行くこともできます。ただし、難易度の高いコースなので、初心者にはおすすめできません

穂高連峰
穂高連峰


新村橋を過ぎて少し進むと左手に梓川が現れ、その奥の穂高連峰の険しい山々の姿が、歩いていくにつれて刻々と変化していきます。

横尾山荘
横尾山荘


穂高連峰の姿を横目に見ながら、しばらく進むと横尾山荘に到着します。
ここを直進すると槍ヶ岳に向かうことができます。
涸沢までの道のりでここが最後のトイレ休憩場所なります。
紅葉時期の女子トイレは、トイレ待ちの長蛇の行列ができます。

④横尾~涸沢(徒歩約3時間)

横尾大橋
横尾大橋


横尾山荘すぐそばにある大きな吊橋です。
ここから先は、本格的な登山道になります。

屏風岩
屏風岩


国内最大級の岩場「屏風岩」です。
写真で見るとそんなに迫力がないかもしれませんが、生で見ると大迫力でアドベンチャー映画にでも出てきそうな情景です。
ここをロッククライミングで登る人もいるらしいですが、自分には信じられないです。。。

本谷橋
本谷橋


横尾から涸沢までの中間地点あたりにある吊橋です。
数年前にリニューアルされ新しくなってから揺れが激しくなりました。
高所恐怖症の方は、右手にある川の上を渡した小さい橋を通ることをおすすめします。
この橋を渡ると急な上り道が待っています。

涸沢登山レベル
本格的登山道


本谷橋から先は、急坂の連続です!
しかもガレた道も多く、これが涸沢まで2時間も続きます

紅葉最盛期などは、すごい数の人で道が渋滞します。

雪渓
雪渓


7月下旬でも残雪が多く残っている時は、涸沢直前の場所から雪渓の上を歩くことになります。
ヒュッテの方などが階段状にステップを切ってくださっていたりするので、アイゼンがなくても登れる可能性が高いです

涸沢到着!!
涸沢到着!!


上高地から約6時間、ようやく涸沢に到着です!!
涸沢カールの絶景を目の前にすれば、疲れも吹き飛びます!

涸沢ってどんなところ?
涸沢からのアクセス方法は?
涸沢で泊まるには?
涸沢から登山できる山は?
 

スポンサードリンク

 

★★ブログランキング参加中★★
▼応援クリックしてもらえると、嬉しいです!!
にほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ

過去に涸沢を訪れた様子はこちら!

ソロトレ:奥穂高岳(涸沢) ~ 初めてのテント泊 ~

  • 2012/08/19

今回は、初のソロトレッキング! しかもテント泊です。。。トレッキングを初めて2年半になりますが、昨年あたりからテント泊への憧れが強くなっていました。ただ、テント泊は... 続きを読む

ソロトレ:北穂高岳(涸沢) ~ テント泊ふたたび ~

  • 2013/08/09

昨年の涸沢のテント泊がとても素晴らしく、涸沢という山に囲まれた独特の空気感が非常に心地よかったので今年も行くことにしました!当初は、7月の下旬に行く予定だったのですが... 続きを読む

オフトレ:北穂高岳(涸沢) ~ 雪だ、霰だ、紅葉だ! ~

  • 2013/10/13

今回は、夏に続いて涸沢のテント泊です! しかも、紅葉の涸沢です! 涸沢の紅葉が素晴らしいとのことで、以前からいつかは行ってみたいと思っていましたが、紅葉の時期の涸沢は... 続きを読む

第53回:北穂高岳(涸沢) ~ アクションカムはスゴイ! ~

  • 2014/8/12

今年3回目のトレッキングは、部活初の涸沢です!しかし、涸沢までは初心者でも問題なく参加できるのですが、涸沢から奥穂や北穂へ行くとなると、中級者のスキルレベルが必要になります。... 続きを読む