~へたれ部長の登山・トレッキング備忘録~

ニーモ タニ2P ~ 自宅で試し張り ~

/ニーモ タニ2P ~ 自宅で試し張り ~
メーカー ニーモ 製品名 タニ2P
価格 ¥49,350 購入時期 2012年7月
重量 1.47kg サイズ 220x130x107(二人用)
備考 同時購入品
・ニーモ グランドシート ¥5,670(※ テントのグランドシート用)
・MRI オールウェザーブランケット ¥3,150(※ テント内のインナーシート用)

 


ニーモ タニ2P

トレッキングを初めてからいつかはテント泊をしたいと思っていたのですが、今年の夏についにテント泊を決意!
場所は、涸沢!!

なので、テント泊に必要な装備を雑誌を見ながらあれこれと情報集めです。
で、まず絶対必要なテントをどうするか。。。

テントと言えばアライテントが有名だし、いつもお世話になっているモンベルからも製品が出てるんですが、使用している人が多いテントだとテント場で同じテントだらけで自分のテントがわからなくなったりするのが嫌だな~と思っていました。

いろいろと悩んでいたところ、雑誌にニーモのテント(タニ2P)が紹介されていて、自分の好きなグリーン系の色で評価も高かったため、これいいじゃんと思い、購入することにしました。

ところが、このテント、雑誌に紹介されたせいか人気商品で、Webサイトなどを見てもどこも品切れで、そんな時に石井スポーツの本店のブログにニーモのタニ2P入荷の記載が!

これを逃すと買えないかもとの焦りから、翌日、早速お店に行って購入しました!

早速、家に帰って試し張りをしてみました。

商品は写真のようにポールが入った袋とインナーテントやフライ、ペグが入った本体バッグの2つに分かれています。


テントポール

テントポールは2本が折りたたまれて収納されており、片方のポールに右写真のようなジョイント用のハブが付いています。

クリックで拡大クリックで拡大

 

 

 

 

 


テント本体バッグは、コンプレッション式

テント本体が収納されたバッグは、右写真のようにコンプレッション式になっており、かなり小さく収納されています。

また、バッグ自身は防水式になっており、袋の口の部分は何度も折り返して止められるようになっています。

クリックで拡大クリックで拡大


インナーテントとフライヤー、ペグ

左写真がインナーテント(上)とフライ(中)、ペグ(下)です。

ペグは、右写真のようにアルミ製のものが5本と細引きが4本と補修用のティアエイドパッチが入っていました。

クリックで拡大クリックで拡大

 

 

 

 

 


インナーテントを広げる

本当は最初にグランドシートを広げるのですが、今日はテントの試し張りが目的なので省略し、最初にインナーテントを広げます

自宅の部屋が6畳のため、ぎりぎりです。。。

本当は、ここで四隅にペグを打つと思うでのすが、畳の上では無理なので省略。。。

クリックで拡大


ポールの設置

折りたたまれていたポール広げ、左写真のようにクロスさせてジョイントし、インナーテントの上に置きます。

ジョイントは写真(右)のように突起部分が下になるようにします。

クリックで拡大クリックで拡大

 

 

 

 

 


コーナーアンカーへのポールの差し込み

ポールの4隅をインナーテントの各コーナーアンカーの窪みの部分にカチッと音がするまで差し込みます。

クリックで拡大クリックで拡大

 

 

 

 

 


ポールを立てる

4箇所のコーナーへのポールの差し込みが完了すると写真のようにポールが立ち上がります。

クリックで拡大


インナーテントのポールへのジョイント

インナーテントの中央の黒いジョイント部分をポールのジョイントの突起部分にはめ込みます。

クリックで拡大クリックで拡大

 

 

 

 

 


残りのフックをポールへ

残りのフックをすべてポールに引っ掛けると、インナーテントが立ち上がります。

クリックで拡大クリックで拡大

 

 

 

 

 


インナーテント内部

テント内部は、写真のようです。

二人用なので、一人で寝るには結構広いかも。。。


フライを被せる

インナーテントの上にフライを被せます。
黒い線のようになっているところが入口部分なので、インナーテントの入口と同じ側になるように被せます。
写真は撮っていませんが、フライの内側にマジックテープでポールに固定するものがいくつかついていました。

その後、フライシートの4隅のフック(写真下左)をコーナーのアンカーの先端にカチッと音がするまで差し込んで引っ掛けます(写真下右)。

クリックで拡大クリックで拡大


テント入口

フライシートの入口のジッパーを開けた状態(写真上)です。

結構広いです。


インナーシート入口

インナーシートの入口のジッパーを閉めた状態(写真上)です。

インナーシートの入口は、中央部分のみをメッシュ状態にして換気することができます。


小物入れ

テント奥の正面部分には写真のようなポケットが付いており、小物を入れることができます。


換気用ジッパー

天井近くには、写真のような換気のためのジッパーが付いています。


天吊り用フック

天井部分には、天吊り用フックが付いており、ランタンなどの照明器具をぶら下げることができます。


キャンプ用のテントは、何度も設営した経験があったので、それに比べれば簡単に設営できると思いました。
テント内部は、思った以上に広く、一人では十分の広さでした。
ただ、二人用となっていますが、二人で使用するにはちょっと狭いかな~と思います。

自分としては、このニーモ タニ2Pは、満足する買い物だったと思います。

過去に涸沢を訪れた様子はこちら!

ソロトレ:奥穂高岳(涸沢) ~ 初めてのテント泊 ~

  • 2012/08/19

今回は、初のソロトレッキング! しかもテント泊です。。。トレッキングを初めて2年半になりますが、昨年あたりからテント泊への憧れが強くなっていました。ただ、テント泊は... 続きを読む

ソロトレ:北穂高岳(涸沢) ~ テント泊ふたたび ~

  • 2013/08/09

昨年の涸沢のテント泊がとても素晴らしく、涸沢という山に囲まれた独特の空気感が非常に心地よかったので今年も行くことにしました!当初は、7月の下旬に行く予定だったのですが... 続きを読む

オフトレ:北穂高岳(涸沢) ~ 雪だ、霰だ、紅葉だ! ~

  • 2013/10/13

今回は、夏に続いて涸沢のテント泊です! しかも、紅葉の涸沢です! 涸沢の紅葉が素晴らしいとのことで、以前からいつかは行ってみたいと思っていましたが、紅葉の時期の涸沢は... 続きを読む

第53回:北穂高岳(涸沢) ~ アクションカムはスゴイ! ~

  • 2014/8/12

今年3回目のトレッキングは、部活初の涸沢です!しかし、涸沢までは初心者でも問題なく参加できるのですが、涸沢から奥穂や北穂へ行くとなると、中級者のスキルレベルが必要になります。... 続きを読む

スポンサードリンク

 

 

2017-05-21T10:26:04+00:00

コメントする