~へたれ部長の登山・トレッキング備忘録~

ソニーSONY アクションカムHDR-AS100V ~ 岩場撮影用に購入 ~

/ソニーSONY アクションカムHDR-AS100V ~ 岩場撮影用に購入 ~
メーカー ソニー 製品名 HDR-AS100V
価格 ¥43,450(ポイント4,354付) 購入時期 2014年8月
備考 同時購入品
・BLT-UHM1 ¥3,820(※ ヘッドマウントキット)
・ACC-TRBX ¥3,150(※ バッテリーチャージャー アクセサリーキット)
・SANDISK microDSHCカード32GB ¥6,180(※ 32GB Class10 UHS-1対応)

 


ソニー アクションカム

今年の目標は、剱岳登頂!

そんなに何度も登る機会はないのではないかと思い、折角の登頂の様子をビデオに収めるためにSONYのアクションカムを購入することにしました。

アクションカムには、高画質版のAS100VとエントリーモデルのAS30Vの2機種があります。

やはり、画質はいい方が良いと思い、AS100Vを購入!!

購入品は、

    ・HDR-AS100VR(カメラとライブビューリモコンキットがセットになったもの)
    ・BLT-UHM1(ヘッドマウント用キット)
    ・ACC-TRBX(予備バッテリーとバッテリーチャージャ)
    ・MicroSDカード

です。

HDR-AS100VRのセット品には以下のものが同梱されています。

クリックで拡大クリックで拡大

 

 

 

 

 


ヘッドマウントキット(BLT-UHM1)

BLT-UHM1には、2タイプのヘッドマウント用のキットが同梱されています。

クリックで拡大クリックで拡大

 

 

 

 

 


カメラにマウントキットを装着

早速、カメラのヘルメットへの装着テストを行います!

まず、カメラ本体の下部にマウントキットを装着します。

クリックで拡大クリックで拡大


カメラをマウントする台座の組み立て

次にこのカメラをマウントするための台座を組み立てます。

クリックで拡大クリックで拡大


カメラを台座に設置

この台座に先ほどのカメラを設置します。

クリックで拡大クリックで拡大


ヘルメットの準備

次にこのカメラを装着するヘルメット側の準備です。

ヘルメットにベルトを装着します。
ベルトがずれて外れないように写真のような爪が4個同梱されていて、これをヘルメットに装着します。


ベルトにマウントキットを取り付け

このベルトに付属の装着用マウントキットを取り付けます。


カメラの装着

このキットに先ほどのカメラを黄色い爪の部分を抑えてスライドさせるように装着します。

装着した状態です。


カメラの角度変更・回転

カメラは装着した状態で、写真のように斜め方向と装着場所を中心に前後に回転させることができます。

 


ライブビューリモコン

カメラを操作するための、ライブビューリモコンです。
腕に装着することができるようになっています。


カメラとの同期

カメラの電源がONの状態で、リモコンの電源をONにすると、WiFiでカメラを自動検出し、画面上に表示します。

クリックで拡大クリックで拡大

最初に一度認識したカメラを登録する手続きが必要なのですが、一度登録すると、次回以降は、電源ONで自動的にカメラを認識し、接続処理を行い、画面上にカメラの映像が表示されます。
 


録画手順

リモコン上の赤いボタンを押すと録画が始まり、もう一度押すと録画が停止します。
録画停止の状態が一定時間経過するとカメラは自動的にスリープ状態になるので、バッテリーを消費することもありません。


北穂高で試用

実際に北穂高の南峰を登った際に撮影した映像です。

手でカメラを持つことができないような状況での撮影にはもってこいの製品だと思います。

 

 

2017-05-21T10:25:31+00:00

コメントする