~へたれ部長の登山・トレッキング備忘録~

第61回:安達太良山・那須・日光 2日目(前半) ~ 那須の紅葉に魅了 ~

/第61回:安達太良山・那須・日光 2日目(前半) ~ 那須の紅葉に魅了 ~
日程 2014年10月8日~10月9日 参加メンバー 1名
スタート地点 峠の茶屋駐車場 ゴール地点 峠の茶屋駐車場
最高標高 1915m コース標高差 453m
歩行距離 約9km 歩行時間 約4.5時間
行程 一泊二日(2日目) 宿泊場所 民宿 松葉
trekkingmap-20141009
※クリックで拡大
ギャラリーを見る
~ 2日目(前半) ~
 


朝食(7:00)

朝食は、焼鮭、半熟卵、納豆と一般的な内容でしたが、美味しかったです。
ただ、唯一残念なのが、登山者にとって、朝7:00に朝食というのは、ちょっと遅く、できれば、朝食の代わりに弁当という選択肢を用意していただけると有難いと思いました。


駐車場到着(8:00)

朝食を急いで済ませ、すぐにチェックアウトし、那須の登山道入り口の駐車場に向かいます。
すでに日は上がっており、朝日が降り注ぐ山道を気持ちのいいドライブです。
登山道入口直下の駐車場に着いたところ、すでに満車状態
仕方なく、すぐ下にある少し小さいもう一つの駐車場に車を停めました。

民宿を出発した頃は、雲一つない青空だったのですが、駐車場に着く頃には、山頂付近には、かなりの雲が湧き出ていました。

マジか。。。


登山開始!(8:05)

準備運動を済ませ、登山開始です!
駐車場そばの登山口からは、目の前に紅葉真っ盛りの朝日岳が見え、期待が高まります!


登山届(8:10)

登山口からすぐのところに登山届の提出用のボックスが設置されています。
ここで、登山カードに必要事項を記入して投函します。


登山口(8:12)

登山届の提出ボックスからすぐのところに鳥居があります。
ここが登山道への入口になります。


岩がごろごろした坂道(8:25)

登山道に入るとすぐに急な坂道が続きます。
最初は、背の高い林の中の山道を登って行きます。
10分程度登ると、急に道が開け、写真のように岩がごろごろしたガレ道に変わります。
ここからは、山頂付近も見えます。


紅葉真っ盛り(8:25)

登山道の右手には紅葉真っ盛りの朝日岳があり、稜線まではずっとこの素晴らしい紅葉風景を見ながら登っていくことができます。

贅沢ですね~


峠の茶屋避難小屋(8:45)

朝日岳と那須岳の分岐点に位置する峠の茶屋跡に到着です!
ここは、地形の関係から大変風が強いところらしく、10月から5月にかけては、想像を絶するほどの風が吹くことがあり、過去には、登山者が飛ばされて遭難したこともあるそうです。(^^;
今日は、そんなに強風ではありませんでしたが、それなりに強い風が吹き抜けていました。


ガスの中、牛ヶ首を目指す(8:50)

残念ながら避難小屋に到着したあたりで山頂付近は雲に覆われ、あたりの視界も悪くなってきました。

テンション下がるわ~


ガス噴出(9:05)

那須岳の周りを反時計回りにトラバースして牛ヶ首を目指します。
眼下には紅葉に色づいた山麓の素晴らしい景色が広がっているようなのですが、雲に覆われ、はっきりと見えません。
トラバース道をしばらく進むと、左手の山肌からガスが勢いよく噴出している場所がありました。

ここには長居できません。。。


牛ヶ首見える(9:10)

トラバース道を左に回り込んだところで、遠くに次の目的地の牛ヶ首が見えてきました。


牛ヶ首到着(9:15)

トラバース道を約30分ほど進んだところで、牛ヶ首に到着!
相変わらず、あたりはガスっているのですが、ガスが一瞬薄くなり、山頂が薄っすらと見えたので、ここぞとばかりに写真を撮りました。


姥ヶ平へ向け、下る(9:15)

牛ヶ首で少し休憩した後、次の目的地の姥ヶ平へ向かって登山道を下ります。


紅葉終盤(9:20)

上から見る姥ヶ平の紅葉は、残念ながら終盤といったところでしょうか。。。


山頂がかすかに。。。(9:30)

しばらく下ったところで、振り返ると那須岳山頂付近がかすかに見えてきたので、思わず立ち止まって写真を撮りました。


姥ヶ平(9:35)

姥ヶ平に到着。
昔は、この辺りには高木類で覆われていたそうで、明治14年の那須岳大噴火で樹木はほとんど枯れたそうです。


木道(9:45)

姥ヶ平を過ぎて少し奥に進んだところに「ひょうたん池」への分岐点があります。
ここから、ひょうたん池への道は写真のように木道となっています。


ひょうたん池(9:55)

木道をしばらく進んだ末端にひょうたん池があります。
木道がそのまま展望台となっているところからも池は見えるのですが、展望台の横から下に降りて、池のほとりにも行けるようになっています。
そこは、数名がやっと立ってられる程のスペースしかないのですが、池の水面に映った紅葉がとても美しく、多くの人が三脚を立てて写真を撮っていました。

ここの紅葉は本当に綺麗でした!


牛ヶ首へ向けて急坂を上る(10:10)

ひょうたん池の素晴らしい紅葉を堪能したので、那須岳山頂を目指して、牛ヶ首へ戻ります。
先ほど下った坂を登ります。

結構、急です。


外周を反時計周りにトラバース(10:30)

牛ヶ首から那須岳の外周を反時計回りにトラバースします。
ここで、登山道の前方に、立ち止まって何やら話し合っているような集団が見えてきました。
近付いてみると、昨日に引き続き、TVの撮影クルーでした!
こちらもTVで見たことがある中年の女優(?)さんが二人で登山している様子を撮影していました。

さすが、紅葉の季節、TVの撮影も多いですね。。。


青空(10:30)

トラバース道を歩いていると、急に空が青空に!
山頂の真上あたりだけ、雲が晴れて、あたりが急に明るくなりました。

くそ~、今、山頂にいたかった。。。


団体擦れ違い(10:40)

トラバース道を、ちょうど半周近くしたところで前方に那須岳へ向かって登る登山道が見えてきました。
ちょうどその登山道を2組の団体が上りと下りとですれ違おうとしていました。
どちらも20名前後の団体でした。

登山道が渋滞にならないことを祈ります。。。


山頂へ向けて(10:45)

山頂への分岐点に到着です。
ここを右に下るとロープウェイ乗り場があります。


大きな岩(10:55)

登山道には、写真のような大きな岩もあちこちに転がっています。


上空に青空(10:10)

山頂付近は雲に覆われているものの、時々、上空の雲が取れ、青空が現れます。

山頂で、晴れますように。。。


岩場の連続(11:00)

山頂が近付くにつれ、岩がごろごろした道となってきました。
先ほどの団体が先をゆっくりと登っていたため、遂に追いついてしまいました。

渋滞です。。。


小学生の団体(11:10)

渋滞の中、山頂へ向かって登っていると、山頂へ向かう反対側の道から、多くの子供の声らしきものが聞こえてきました。
見ると小学生らしき団体が登ってきました。

う~ん、大人の団体と子供の団体。
このままだと、山頂がやばい。。。


山頂渋滞(11:15)

大人の団体の方の先頭が山頂に到着したようで、進み具合がストップしてしまいました。
抜かす訳にもいかないので、仕方なく列が進むのを待ちます。

ディズニーランドのアトラクション待ちのようです。。。

スポンサードリンク

 

1日目(後半)に戻る
2日目(後半)に続く

 

2018-01-07T16:57:20+00:00

コメントする