~へたれ部長の登山・トレッキング備忘録~

第65回:鍋割山 ~ 名物「鍋焼きうどん」が食べたい(後半) ~

/第65回:鍋割山 ~ 名物「鍋焼きうどん」が食べたい(後半) ~

日程 2014年12月7日 参加メンバー 2名
スタート地点 大倉 ゴール地点 大倉
最高標高 1272m コース標高差 982m
歩行距離 16.7km 歩行時間 約7時間

trekkingmap-20141207
※クリックで拡大
ギャラリーを見る

~ 後半 ~


山頂到着!(11:20)

稜線を登ること1時間15分、ようやく山頂に到着!


鍋割山荘の周りには登山客がたくさんおり、食事を取っていました。
山荘の入り口横に水のタンクが置いてあり、運んできた水はこのタンクの中に入れてくださいと張り紙に書かれていました。
う~ん、ボランティアとはいえ、お礼の一言ぐらい欲しかったな。。。

山荘の傍に山頂の標識が立っており、大勢の登山客が代わる代わる写真を撮っていました。

富士山も綺麗に見えます!


 


「鍋焼きうどん」だ~!(11:30)

お昼時が近かったので、早速、今日の目的の名物「鍋焼きうどん」を食べることにしました。
山荘内は混んでいそうだったので、外の草むらにブルーシートを敷いて場所取りをして、山荘に向かいます。

外は結構寒かったのですが、山荘内では何台ものストーブに火が入っており、とても暖かったです。

山荘内は鍋焼きうどんを待つ人でかなり混雑していました。
早速、カウンターへ行き、注文票に名前を記入
山荘内で、名前を呼ばれるのを待ちます。

うどんは、次から次へと、予想以上に早いスピードで出来上がっていきます。
ほどなくして、自分たちも呼ばれ、カウンターへ行き、料金1000円を支払って、トレイに載った鍋焼きうどんを受け取ります。
箸、レンゲ、七味などは、カウンター前のテーブルから自分で取ります。
ここにはおにぎりも置いてあり、200円で売られていました。

 


美味しい!!(11:45)

ブルーシートの場所まで戻り、うどんを食べます!
鍋焼きうどんは、卵やかぼちゃの天ぷらなどが入っており、とても美味しかったです!
外は結構寒いのですが、このうどんのお蔭で、体が温まりました。


 


パラグライダー(12:15)

ふと、上空を見上げると、パラグライダーが優雅に飛んでいました。

いいな~

自分も飛んでみたいです。
食事の後、コーヒーを沸かして飲んだりして、少しまったりした時間を過ごしました。


 


下山開始(12:40)

12月ともなると4時半ぐらいには、辺りが暗くなってくるので、早目に下山開始です。
下りは、小丸経由で下るので、山荘の裏道を右の塔の岳方面へ向かいます。


 


稜線をアップダウン(12:45)

小丸の分岐点までは、稜線のアップダウンの繰り返しです。


 


小丸尾根分岐点(13:15)

山頂から30分程度で、分岐点に到着です!
ここから、分岐を右折し、下りへの道へと向かいます。


すぐに視界が開け、目の前に相模湾が見渡せる場所に出ます。


ここからは、遠く江の島もはっきりと見えます。


 


道はドロドロ(13:15)

小丸経由の下り道は、結構急な下りでした。
しかも、雪解けで道はドロドロ状態でとても滑りやすいので、慎重に進みます。


 


林道をひたすら下る(13:45)

この下り道、林道の中の急な坂道をひたすら下って行きます。

ここを登ってくるのは、きつそうだな~

途中、まだ1歳ぐらいの子供を背中に背負い、二人の小学生ぐらいの子供を連れて下っている5人家族に出会いました。
こんな急で滑りやすい道を背中に子供を背負って下るのは、ちょっと危険だな~と思いました。
しかも、その家族はかなりスローペースだったので、あたりが暗くなる前に下山できるのか、ちょっと心配でした。
 


今日一番の紅葉(14:45)

分岐点から約1時間半、ひたすら下ったところで、紅葉が綺麗な場所がありました。
今日見た紅葉の中では、ここが一番綺麗でした。

この場所あたりまで来て、下方に登りの時に通った道が見えてきました。

もう少しで合流だ~


 


合流地点到着!(14:50)

登りの時に通った道との合流地点に到着です!
ここからは、ほとんど緩やかな道なので、ほっとしました。


 


大倉到着(16:15)

その後、約1時間半、緩やかな山道を淡々と下って行き、スタート地点の大倉に到着しました!
この頃には、あたりはすっかり暗くなっており、途中追い越した5人家族は大丈夫だろうかと心配になりました。
休日の16時台は、4本のバスが運行していたので、あまり待たされることもなく、16:38のバスに乗ることができました。


 


弘法の里湯(17:15)

登山の後は、温泉とビール!!
これしかないです!

渋沢駅から新宿方面に少し戻った鶴巻温泉駅からすぐの場所にある温泉「弘法の里湯」へ到着!
ここは、大山へ登った時にも利用した温泉です。

中に入ると、靴用のロッカーがあるので、そこに靴を入れます。


ザックなどの大きい荷物は、入り口そばに置き場があるので、貴重品を取り出してそこに置きます。


その後、入浴券を受付横の自動販売機で購入し、靴箱のカギと一緒に受付に出します。
料金は、1000円です。

温泉の泉質は、弱アルカリ性 カルシウム・ナトリウム塩化物泉で、神経痛、筋肉痛、慢性消化器病、慢性婦人病などに効能があるそうです。

お風呂は、そんなには混雑しておらず、洗い場渋滞もなく、ゆったりとすることができました。
 


宴!(18:10)

浴場の上の2階に休憩用の大広間があります。


ここの温泉のいいところは、ここに売店があり、生ビールや枝豆などを販売していることです!

早速、売店で買って、広間で宴です!

う~ん、風呂上りが一番美味しい!

この後、伊勢原まで戻り、居酒屋で本当の宴をしました。。。(^^;

 

鍋割山、鍋焼きうどんは、評判通り美味しかったです。
天候にも恵まれ、富士山も綺麗に見えて、とてもよかったと思います。

鍋割山荘の鍋焼きうどんは美味い! 
今回の教訓
 
前半へ戻る

 

2018-01-07T16:55:46+00:00

コメントする