~へたれ部長の登山・トレッキング備忘録~

第80回:涸沢 2日目 ~ モルゲンロート見たかった ~

/第80回:涸沢 2日目 ~ モルゲンロート見たかった ~

日程 2016年9月10日~12日 参加メンバー 5名
スタート地点 涸沢 ゴール地点 上高地バスターミナル
最高標高 2309m コース標高差 804m
歩行距離 約15km 歩行時間 7.5時間
行程 一泊二日(2日目) 宿泊場所  

trekkingmap-20120821 ※クリックで拡大
ギャラリーを見る

昨年は、帰りのバスの時刻が15:00だったため、出発を急いだのですが、今年は
16:00のバスの予約が取れたため、少し余裕があります。

朝食の時間は、5:00~6:00です。
今日のモルゲンロートの時刻は、5:25とのことだったので、

4:30 起床
5:00 朝食
5:25 モルゲンロート鑑賞
6:30 ヒュッテ出発

というスケジュールにしました。


朝食(4:45)

まだ、辺りが暗い中、受付に向かいます。
残念ながら、空は熱い雲で覆われています。

う~ん、今日はモルゲンロートは厳しいかな~

受付に行くと、そこには、すでに多くの宿泊客が列をなしていました。
5時になり、グループごとに空いている席に案内されます。

朝食は、いたってシンプルな内容です。

 


モルゲンロート(5:20)

急いで朝食を済ませ、モルゲンロートを見るためにテラスに向かいます。
しかし、東の空は相変わらず厚い雲で覆われ、太陽が顔を出してくる気配がありません。
残念ながら、今回はモルゲンロートは、諦めることにしました。
(※実は、この後、一瞬、日が差してモルゲンロートが見れたようです。)


 


下山開始(6:05)

昨日はヒュッテの入り口の横に出る道を登ってきたのですが、折角なら違う道を通りたいと思い、帰りはテント場中央の石段の道を通って下山することにしました。
この頃には、北穂高の上空も青空が広がっていました。


 


ガレ沢のトラバース(7:10)

涸沢までの登山道で、一番注意が必要な場所です。
下りも慎重に浮石に注意しながら進みます。


 


本谷橋(7:30)

ヒュッテを出発して、約1時間半、本谷橋に到着です。

下山する登山者が、少なかったせいもありますが、予想以上に早く下ることができました。


 


横尾到着(8:20)

涸沢を出発して2時間半ほどで横尾に到着。

ここまで順調なペースです。
ここで、少し休憩とします。


 


「みちくさ食堂」のソフトクリーム(9:40)

横尾から1時間、徳沢に到着!
行きで食べられなかったソフトクリームをみちくさ食堂で食べました。

何度食べても美味しいです!

みちくさ食堂の傍には、有料トイレが新設されていました。


 


明神館(10:55)

徳沢から1時間、明神館に到着です。

ここまでは、登山の格好をした人が7割ぐらだったのですが、ここからの道は観光コースのため、普通の格好した方が急増し、登山客の割合は3割ぐらいに激減です。


 


河童橋到着(11:45)

涸沢を出発して約6時間で河童橋に到着!
いつもは銀座の繁華街のような賑わいなのですが、昨年同様、9月のこの時期は、シーズンオフなのか天候のせいなのか、そんなに人がいません。

河童橋を渡って、温泉のある上高地アルペンホテルへ向かいます。
 


上高地アルペンホテル(11:50)

河童橋から歩いて約5分、上高地アルペンホテルに到着!

入浴開始時間の12:00をかなり過ぎていたので、入浴待ちの登山客がホテルのロビーにたくさんいました。
受付を行うと、案の定、30分待ちとのこと。
 


ランチは上高地食堂!(14:00)

ランチは、上高地バスターミナルにある上高地食堂にしました。

当然、まずは生ビール!
枝豆もセットで!

やはり、温泉後の、ビールは格別です!

昼食は、とんかつ定食です。旨かった!


 


さわやか信州号(15:00)

バスは定刻通りにターミナルを出発。
購入した缶ビールで、バスの中でプチ宴を行いました。

バスはいつものように中央道の渋滞に巻き込まれ、2時間ほどで遅れて新宿に到着。
休日ということもあり、夜の電車もそれほど混雑していなかったので、最短のルートで帰宅できました。

今回は部活で2度目の涸沢。
残念ながら、モルゲンロートは、見れませんでしたが、涸沢カールの素晴らしい絶景や満天の星空など、満足のいく内容だったと思います。

次回は、もっと多くのメンバーに是非参加して欲しいと思いました。

空いている涸沢ヒュッテは、やっぱりパラダイス!
今回の教訓

 

スポンサードリンク

 

1日目に戻る
2018-01-07T16:46:04+00:00

コメントする