~へたれ部長の登山・トレッキング備忘録~

第86回:3泊4日 折立~雲ノ平~新穂高縦走 3日目 ~ 雲ノ平→三俣山荘 ~

/第86回:3泊4日 折立~雲ノ平~新穂高縦走 3日目 ~ 雲ノ平→三俣山荘 ~

日程 2017年8月20日~23日 参加メンバー 1名
スタート地点 雲ノ平キャンプ場 ゴール地点 三俣山荘キャンプ場
最高標高 2825m コース標高差 415m
歩行距離 約5.5km 歩行時間 約5時間
行程 三泊四日(3日目) 宿泊場所 三俣山荘キャンプ場

※クリックで拡大
ギャラリーを見る

~ 3日目 ~

朝の4時に目を覚まし、外を見ましたが、まだ真っ暗でよく見えませんでしたが、星は全く見えなかったので、どうも天気は悪そう。。。

この天気で水晶・鷲羽岳へ行っても何も見えないと思ったのですが、1日延ばすなら、電波の届くところに行って、帰りのバスをキャンセルしないといけません。
その電波の届くところがワリモ岳付近だったので、とりあえずダメ元でワリモ岳北分岐点まで行き、バスがキャンセルできれば、三俣からピストンで水晶岳、黒部五郎岳にそれぞれ1日かけて向かうことに決めました。
 


天候不良(4:50)

5時近くになり、ようやく辺りが明るくなってきました。
ですが、写真の通り、霧で周りの景色がほとんど見えません。
とにかく、ワリモ岳へ行くことを決めたので、朝食を済ませ、テントの撤収に取り掛かりました。


 


水晶・三俣への分岐点(5:40)

テント場から水晶・三俣への分岐点へ向かいます。
昨日はあんなに天気良かったのに、今日は何も見えません。

テンション下がるわ~

しかし、落ち込んでいても仕方ありません。
とにかくワリモ岳北分岐点へ向かって歩きます。


 


祖父岳へ向かう(5:50)

昨日、スイス庭園へと左に曲がった分岐点を右に曲がります。
木道は、山の斜面をトラバースするように進んでいきます。

途中、写真のような雪渓がところどころに見えました。


 


霧の中を淡々と進む(6:25)

トラバース後、道はハイマツの中を進むようになりました。

途中、写真のような矢印の場所が。。。
一瞬、どこを通るのかわからなかったのですが、この矢印の上を通って岩を乗り越えるようでした。

その後、また木道の道を進んで行きます。


 


祖父岳分岐(6:30)

祖父岳と三俣山荘への分岐点に到着です。

この頃には、風もかなり強くなってきて、体も寒さを感じるようになりました。
先を進んで行った登山者は、みんな三俣山荘方面へ向かっており、祖父岳へ向かう人は一人もいませんでした。
しかし、とりあえずダメ元でもワリモ北分岐点まで予定通り行くことにしました。


 


ガレ場を登る(6:35)

分岐点から先の道は、ゴツゴツした岩が多いガレ場の連続です。
道がガスっているため、黄色のマーカーを見失わないように慎重に登ります。

しばらく登ったところで、上から下りてくる一人の女性と会いました。
彼女は、今朝、水晶岳から下りてきて、雲ノ平を通って、薬師岳まで行く予定のこと、荷物はトレラン風の軽装だったのですが、よくそこまで行けるものだと感心しました。


 


祖父岳山頂(7:00)

祖父岳山頂に到着です!

祖父岳山頂付近は、ケルンが多く立っていました。
残念ながらガスで何も見えない上に風が強いです。

ここでも一人の軽装の男性と出会いました。
彼は、三俣山荘のテント場を4時ぐらいに出て、鷲羽岳を通って来たそうで、その時は、まだ鷲羽岳は晴れていたとのこと。
この後、テント場に戻って、雲ノ平に行く予定とのことでした。


 


急な下り(7:15)

祖父岳からワリモ岳へ向けて尾根道を進みます。

祖父岳からの下りが始まるとすぐに写真のような急な岩場があります。
ここは、補助ロープも設置されており、梯子もあるところで滑らないように慎重に下ります。


 


霧の尾根道(7:40)

進んでも霧は濃くなる一方です。
とにかく、道に迷わないように慎重に進みます。


 


岩苔乗越分岐点(7:50)

岩苔乗越分岐点に到着です。
ここを右方向に下ると三俣山荘へ向かいます。

この分岐点のすぐ上にある黄色の立て札の場所を左に分岐すると高天原へ向かいます。

とりあえず、ここにサックをデポして、この上にあるワリモ北分岐点に向かいます。
道は、ジグザグと曲がっていますが、傾斜はかなり急なようです。


 


雷鳥と遭遇(8:00)

空身だと、足取りが本当に軽くなります。
急な坂道もすいすいと登って行けます。

途中、道端に動くものを発見、良く見ると雷鳥が2羽いました!!

ここまでずっと天候不良で良いところが全くありませんでしたが、雷鳥を見ることができて少し救われた気分になりました。


 


ワリモ北分岐点(8:05)

ワリモ北分岐点に到着。
風もかなり強くなってきました。
早速、ドコモの電波状況を確認したのですが、残念ながら圏外の表示。

折角、ここまで来たのに。。。

後で確認すると、どうもワリモ岳まで登らないと電波が届かないようでした。

これ以上、この強風の中を進んでも仕方ないと思い、岩苔乗越分岐点まで戻り、三俣山荘へ向かうことにしました。


 


三俣山荘へ下る(8:15)

分岐点まで戻り、三俣山荘へ道を下ります。


 


水場(8:20)

分岐点から5分ほど下った場所に「水場」の標識が立っていました。

標識が指し示す方向には、川のせせらぎがありました。


 


雪渓(9:15)

最初は岩がゴロゴロした道でしたが、しばらくすると写真のような両側を高山植物で覆われた道となりました。

さらにしばらく進むと、目の前に大きな雪渓が、写真ではあまり大きく見えないかもしれませんが、傍を通るとその大きさにびっくりするほどでした。

 


雲ノ平への分岐点(9:30)

岩苔乗越分岐点から1時間ちょっと、雲ノ平への分岐点に到着です。

雲ノ平方面への道を見ると、大きな山が目の前に聳え立っており、その真ん中を道が通っています。

ここを下るのはいいけど、登るのは大変そうだな~


 


黒部川水源地標(9:40)

分岐点から三俣山荘方向へ少し進んだところに「黒部川水源地標」が立っていました。
実際の水源は、岩苔乗越分岐点なんでしょうね。。。


 


川を渡り急登へ(9:55)

しばらく木道の道が進み、

そこから下って川を渡ったところから、

岩がごろごろした急な道へとなります。


 


三俣山荘到着!(10:30)

三俣山荘に到着です!
とりあえず、受付でテント場と夕食の予約をお願いしました。
料金は、雲ノ平山荘と同じです。


 


テント設営(11:30)

今日もテント場への到着が早かったので、まだ数張程度しか設営されていませんでした。
しかし、ここに来て急に雨が降り始めたため、場所の選択に時間をかける余裕がなく、近場のBポイントに設営することにしました。

ここは、ハイマツにも覆われているため強風対策も十分です。
しかし、サイトのすぐ横を清流が流れているのがちょっと心配でした。

しかし、鷲羽岳は、相変わらずガスの中。。。

今日は、やっぱりダメだな~


 


ランチタイム(11:50)

テント設営後、ちょうどお昼時になったので、山荘の展望食堂へ向かいました。

ここの食堂は山荘の2階にあり、窓際のカウンター席からは、周囲の山々が見渡せます。

早速ビールとラーメンをオーダー!

ラーメンが出来上がるまで、ビールを飲みながらカウンター席から山を眺めます。

しばらくしてラーメンが出来上がり、ラーメン+ビールという黄金の組み合わせで至福の時を過ごしました。


 


夕食(17:00)

ランチタイムから夕食の時間まで、天候が回復するのを待ちましたが、逆に天候は悪化する一方で、雨とともに風も強くなってきました。
仕方なく、テントの中で明日の予定をどうするか思案していました。

そうこうしている内に夕食の時間が近づいてきて、ちょうど雨も上がったので、良い機会だと思い、山荘に向かいました。

山荘の入り口付近の廊下の壁には三俣山荘のご主人のお父様にあたる伊藤正一さんの追悼のつづりが貼ってありました。
伊藤正一さんは、「黒部の山賊」の著者でもあります。

17時となり食堂へ導かれました。
夕食は、サイトに記載の通り、「ジビエシチュー」でした。
シカの肉を使用したシチューですが、牛肉と遜色なく美味しかったです。

しかし、夕食が始まる少し前から、外は豪雨。。。
清流の傍にあるテントサイトが気になり、美味しい夕食も味わって食べるどころではありませんでした。

 


清流が濁流に(17:10)

急いで食事を済ませ、テント場に戻ると、予想通り、清流は濁流と化していました。

自分のサイトへも川から溢れた水が、少し流れ込んでいました。

テントが水没するほどではありませんでしたが、これ以上、豪雨が続くと危険と思い、川の端に岩で土手を作り水が流れ込んで来ないようにしておきました。

しかし、この後、夜中もずっと、時折激しい豪雨が続き、風も強くなって、落ち着いて寝られるどころではありませんでした。

どんな罰ゲームなんだ~~~
 

スポンサードリンク

 

2日目に戻る
4日目に続く

 

2017-10-21T16:09:06+00:00

コメントする