~へたれ部長の登山・トレッキング備忘録~

第86回:3泊4日 折立~雲ノ平~新穂高縦走 4日目 ~ 三俣山荘→新穂高 ~

/第86回:3泊4日 折立~雲ノ平~新穂高縦走 4日目 ~ 三俣山荘→新穂高 ~

日程 2017年8月20日~23日 参加メンバー 1名
スタート地点 三俣山荘 ゴール地点 新穂高温泉
最高標高 2800m コース標高差 1660m
歩行距離 約16km 歩行時間 約8.5時間
行程 三泊四日(4日目) 宿泊場所 新穂高温泉

※クリックで拡大
ギャラリーを見る

~ 4日目 ~

朝の5時頃に目が覚めたのですが、夜通し、雨と風の音で、ゆっくり眠ることができませんでした。
外は雨音が聞こえ、天候が悪いのはすぐにわかりました。

さて、どうする?

今日の予報は、「雨のち曇り」。
しかし、明日の予報も「曇り時々雨」だ。

こんな天候では、たとえ山に登れたとしても眺望は望めないだろう。

だったら、今日、下山するか?

しかし、こんなテンション下がった状態で折角の休みを終えるのはしゃくに障る。

ということで、色々、考えた結果。
下山して、今日は、どこかの温泉宿でまったり過ごすことに決定!
 


撤収開始(5:30)

そうと決まれば、行動は早くしなければなりません。
ここから穂高まで下山するには約8時間以上は必要です。

早速、テント内で朝食を済ませ、山荘でトイレに行き、テントの撤収開始です。


 


出発(6:40)

テントが雨でグショグショだったのと、山荘のトイレの待ち時間が長かったせいで、予想以上に撤収に時間がかかり、テント場を出発できたのは、6時40分頃でした。


 


黒部五郎岳への分岐点(6:45)

テント場を出発してすぐに黒部五郎岳への分岐点がありました。
ここを右に行くと黒部五郎岳への巻き道となります。
分岐点の奥には、雪渓がありました。


 


三俣峠(7:25)

分岐点から先は、岩がごろごろしたガレ場が続きます。

目の前の山の頂あたりに来たところに「三俣峠」の標識が立っています。
ここから右の方向に山を登っていくと三俣蓮華岳の山頂があります。

今日は行ってもガスで真っ白なのは、わかっていたので、スルーして双六小屋への巻道を進みます。


お花畑(8:10)

巻き道は、ゆるやかな坂道で、とても歩きやすく、途中、高山植物が咲き乱れているお花畑のような場所もありました。
残念ながら、霧が立ち込めていたので、あまりはっきりと見えませんでした。


 


急登(8:15)

お花畑を過ぎて少し行ったところで、突然、目の前に急な崖が現れました。

えっ、ここを登るの?

巻道は、ずっと平坦な道だと思っていたので、この急登は、ちょっとショックでした。
仕方なく、頑張って登りました。

後ろから来た二人組の若い女性も、急登を目の前にしてちょっと困惑気味でした。

ただ、この巻道では、ここが唯一の急登でした。


 


双六岳への分岐点(8:50)

祖父岳山頂に到着です!

急登を登り切ってからは、再び、緩やかな坂道が続きます。

しばらく進むと、双六岳への分岐点に到着しました。
ここは、以前、表銀座コースを縦走したときに立ち寄った場所になります。


 


眼下に双六小屋(9:00)

分岐点を双六小屋の方へ進むと、すぐに急な下り道となり、眼下に双六小屋の赤い屋根が見えてきます。
この頃から、雨が激しくなってきて写真を撮るのも難しくなってきました。


 


双六小屋(9:10)

双六小屋に到着!

水補給とトイレを済ませ、休憩もそこそこに先を進みます。


 


テント場にあの学生達が(9:20)

双六小屋を過ぎてテント場に行くと、薬師峠と雲ノ平で一緒だったあの学生達がいました。
設営後なのか撤収前なのかは、わかりませんでしたが、他に張ってあるテントは見当たりませんでした。

ここから雨風共に激しくなり、嵐のようになってきたため、写真を撮るどころではありませんでした。。。
昨日から続く罰ゲームのような土砂降り、今回の山旅は天国から地獄の状態です。

双六小屋から、途中の山道や鏡平山荘の様子を知りたい方は、以前のこちらのページをご覧ください。
 


シシウドヶ原(12:15)

シシウドヶ原まで下ってきたところで、ようやく辺りが明るくなり、雨も上がりました。

やっと、上がったか~

ほっと一息して、レインウェアを脱ぎ、一休みです。
ここまでくると電波も届くようで、会社のメールを確認すると200通以上のメールが溜まっていました。。。(^^;


 


チボ岩(12:55)

シシウドヶ原と秩父沢の間にある「チボ岩」です。
ここには、写真にように坂の上の方から黒い岩がごろごろと積み重なっていました。


 


川沿いの道に到着(13:50)

双六小屋から下ること約4時間半。
ようやく坂道が終了し、ここから穂高までは平坦な広い道が続きます。


 


わさび平小屋(14:25)

急いで道を進んでいると前方にわさび平小屋が見えてきました。

ほっと一安心です。。。

小屋の傍にはりんごなどの果物や、トマト、きゅうりといった野菜が水の中で冷やされ、販売されていました。
お腹が空いていたせいもあり、結構美味しそうでした。


 


笠新道への分岐点(14:35)

わさび平小屋からすぐのところに、水場があります。

ここには笠新道への分岐もあります。

笠ヶ岳、いつかは登ってみたいです。


 


登山口到着!(15:25)

三俣山荘のテント場を出発して約8時間半。

ようやく登山口に到着です!

さすがに8時間以上、歩き続けるのは、結構、キツイですね。
 


大雨にも関わらず澄んだ水(15:30)

登山口から舗装道を進んでいくと、川の水が大きな音を立てて流れていました。
あれだけの豪雨なので水量も普段よりかなり多いのではないかと思いましたが、全く濁っておらず透き通った綺麗な水でした。


 


新穂高センター(15:40)

車道を進んで行くと、左手に「中崎山荘 奥飛騨の湯」が見えてきました。
今日のバスで帰る場合は、ここで温泉に入ります。

しかし、土砂降りの中を何時間も歩き続け、こんなにテンションが下がった状態では、帰る気になりません。

なので、とりあえず、バスターミナルへ向かいます。
同じように下山した多くの山ガールが先を歩いています。

以前は、工事中だったのですが、新しく「新穂高センター」なるものができていました。
中に入ると穂高周辺の観光案内や宿泊施設のパンフレットが置かれ、紹介がされていました。

センターの入り口には、いくつかの宿の空き情報が張ってありました。

その中で一番安く(トイレなし部屋で¥9,870)、露天風呂もある「まほろば」に決めました。
送迎もしてくれるとのことで、早速電話しました。

 


豪華な夕食(18:00)

電話をしてから5分ぐらいで迎えの車が到着!
すぐに宿へと到着しました。

宿には乾燥室があるとのことで、びしょ濡れになったレインウェアや衣類、登山靴などを乾かしてもらいました。

部屋は和室で広々としており、一人では十分すぎるぐらい広かったです。

4日間も風呂に入っていなかったので、自分でも体臭が匂うほどになっていました。
なので、早速、内風呂に入ることに。
露天風呂は、夕食後の夜にゆっくり入ることにしました。

風呂から上がって、さっぱりした後、夕食です。
夕食は、予想以上に豪華で、飛騨牛のみそ焼きや、お刺身前菜ととても美味しかったです。

さらに天然イワナのみそ焼きや、締めのそばデザートまでありという、至れり尽くせりのメニューでした。


 


貸し切り露天風呂(20:30)

夕食後、部屋でまったりとした後に、露天風呂への向かいました。

露天風呂は4か所あり、予約不要で24時間利用可能です!
内風呂の手前の廊下からサンダルに履き替えて庭を通って露天風呂がある場所に向かいます。
入り口は3か所あって、自分は、一番右の「笠の湯」に入りました。
後からわかったのですが、左右の2か所の露天風呂が大きいです。

入るときに入り口に掛かっている表札を裏返すと「入浴中」との文字が書かれており、これで、中に人がいることを知らせることになっています。

笠の湯は、とても広く、趣のある雰囲気の露天風呂でした。

昨日、今日と罰ゲームのような土砂降りに見舞われテンション下がりっぱなしでしたが、この豪華な食事と露天風呂で一気にテンションが上がりました!

やっぱり、来て良かった。。。

翌日の朝食も豪華で「まほろば」は、また利用させていただきたい温泉宿でした。


 

この後、近くのバス停まで送ってもらい、平湯温泉までバスに乗り、


 

東京行きのバスの発車時刻まで以前、部活で何度か利用した「ひらゆの森」でコーヒーを飲みながらまったりとしていました。

今回の山旅、結局、予定していた山には一つも登ることができませんでしたが、素晴らしい雲ノ平の風景は、心に残るもので、行ってよかったと思いました!!

今年行けなかった山には、来年、必ずリベンジをしたいと思います!

雲ノ平は、秘境の天国!
今回の教訓

 

スポンサードリンク

 

3日目に戻る

 

2017-10-21T16:08:29+00:00

コメントする