~へたれ部長の登山・トレッキング備忘録~

第99回:3泊4日テント泊 双六・鷲羽・黒部五郎岳 2日目 ~ 快晴の稜線歩き! ~

/第99回:3泊4日テント泊 双六・鷲羽・黒部五郎岳 2日目 ~ 快晴の稜線歩き! ~

日程 2018年9月17日~9月20日 参加メンバー 1名
スタート地点 新穂高温泉 ゴール地点 新穂高温泉
最高標高 2924m コース標高差 421m
歩行距離 約7.5km 歩行時間 6.4時間
行程 三泊四日(2日目) 宿泊場所 三俣山荘キャンプ場(テント泊)

※クリックで拡大
ギャラリーを見る

~ 2日目 ~

今日は、4日間の中でも一番余裕のあるスケジュールの日です。
目が覚めると5:10、取り敢えず、トイレに向かいます。
 


テント撤収(5:20)

トイレを済ませ、テントの撤収の開始です。

ここで、フライシートを片付けようとしてビックリ!!

なんと、昨日、設営の時に降っていた雨が凍って、テントに張り付いています。
雑巾で拭いて取り払おうとしますが、中々取れません。

まあ、どうせまたすぐに設置だから、いいか。。。

テント撤収中にわさび平小屋で出会った男性と再び、話をする機会が。
男性は、今日は、巻道から三俣山荘キャンプ場へ行き、雲ノ平をピストンするとのことでした。

 


双六岳へ向けて出発(6:15)

今日は、双六岳 → 三俣蓮華岳 → 三俣山荘キャンプ場と行き、キャンプ場にテントを設営後、鷲羽岳をピストンの予定です。

双六岳へは、双六小屋の目の前の急坂を登って行きます。
朝一から、この急坂はきついです。

しばらく登って後ろを振り返ると、眼下に双六小屋がかなり小さく見えました。

結構、登ってきたな~


 


巻道との分岐点(6:35)

三俣山荘への巻道との分岐点です。
双六岳に登る必要がなければ、巻道を通って行った方が楽です。
帰路は、こちらの道を通る予定です。


 


中道分岐(6:40)

分岐点を少し進むと中道分岐点があります。
ここを真っすぐ進むと双六岳を登らなくて済みます。
黒部五郎岳が目的の場合は、こちらを進む方が早いです。


 


岩がゴロゴロした急登(6:45)

分岐から双六岳への稜線までは、大きな岩がゴロゴロした急な坂道が続きます。

途中、写真のように大きな岩を乗り越えていかなければならない箇所もあります。


 


気持ちのいい稜線(7:00)

急登を登ること約15分、稜線に出ました!

いや~、この道は2度目なのですが、何度通っても広々とした気持ちのいい道です。

道の先には、双六岳!

左側を見ると笠ヶ岳!

後ろを振り返ると槍ヶ岳!

どこを見ても素晴らしい景色です!
 


双六岳山頂!(7:30)

双六岳山頂に到着です!

平日だというのに山頂には多くの登山客がいました。

この後、向かう三俣蓮華岳方面の稜線には、雲がかかって神秘的な光景でした。


 


三俣蓮華岳に向けて(7:35)

双六岳山頂の絶景を堪能し、次の目的地の三俣蓮華岳に向けて出発です!

ここからも気持ちの良い稜線歩きが続きます。


 


中道稜線分岐(7:53)

中道稜線分岐点です。

先ほど、双六岳に登る手前にあった「中道分岐」を真っすぐ進むと、ここに到着します。

分岐点から中道方向を撮影したものです。
写真の中央を中道が続いています。


 


遥か遠くに黒部五郎岳!(7:56)

分岐を過ぎると開けた場所となり、道の遥か先に黒部五郎岳が見えてきました!

明日は、ここに登る予定です!


 


丸山(8:00)

開けた場所をしばらく進むと目の前に大きな山が現れてきました。
最初、これが三俣蓮華岳かと思ったのですが、これは中間地点にある「丸山」でした。
標高では、三俣蓮華岳より高いようです。
テント泊装備でのこの急坂は、結構きつかったです。


 


三俣蓮華岳(8:55)

三俣蓮華岳に到着です!
空は快晴、360度、どこを見ても絶景です!

黒部五郎岳方面!

槍ヶ岳方面!

雲ノ平、薬師岳方面!


 


三俣山荘に向け下る(9:00)

絶景を堪能した後、三俣山荘に向かいます。
三俣山荘へは、山頂直下の道を下るのですが、この道がとても分かりにくかったです。

看板の文字がかすれて全く読めませんが、「三俣山荘」と書いてあると思われます。

山頂からの下り道は、岩がゴロゴロしたガレ場で滑りやすいので注意が必要です。


 


目の前に鷲羽岳の雄姿(9:20)

崖を下りた場所に分岐点があります。
ここを「三俣山荘」に向けて進みます。

分岐点を三俣山荘方面に進むと目の前に鷲羽岳の雄姿が現れます!
今日は、テント設営後、この山にも登る予定です!


 


三俣山荘!(9:35)

しばらく道を進むと視界が開け、鷲羽岳のすぐ下に三俣山荘が見えました!
パッと見た限り、この時間ではテントは、ほとんど見当たりませんでした。


 


テント設営開始!(9:50)

さすがに平日の早朝ということもあり、テント場はガラガラです!
前回は、水の流れる場所の近くに設営して痛い目にあったので、今回は、水の流れる場所から少し離れた高い場所にしました。
地面も平らでハイマツ帯で風除けもでき、目の前に鷲羽岳が見える絶好の場所です!

早速、テント設営を行いました!

鷲羽岳をバックにいい写真です!


 


鷲羽岳へ向けて!(10:50)

テント設営を完了し、鷲羽岳登頂の準備を行いました。
鷲羽岳へはピストンなので、サブザックに必要最小限のものだけを詰めました。

準備が終わり、山荘の方へ向かうと、ヘリによる荷揚げが頻繁に行われていました。


 


ランチタイム(11:00)

今日は、朝食をまともに摂っていなかったので、山荘の喫茶で少し早めの昼食としました。

ここの喫茶は、メニューも豊富で味も美味しいです。

お昼は、カレーライスにしました。
じっくり煮込まれたビーフがとても柔らかく、美味しかったです。


 


いざ、鷲羽岳へ!(11:35)

お腹も一杯になったので、鷲羽岳へ向かいます。
鷲羽岳は、山荘の前のハイマツ帯の間の道を進みます。


 


緩やかな坂道(11:50)

最初は、比較的緩やかな坂道を登ります。


 


岩だらけの急登(12:05)

しかし、しばらく登ると写真のような岩だらけの急登の道となります。
ただ、写真ではわかりにくいかもしれませんが、道が左右にジグザグになっているため、写真で見るよりは傾斜は緩やかです。


 


急登続く(12:15)

山頂が近づくにつれ、道端の岩が段々と大きくなり、段差のある場所を登っていかなければならない箇所も増えてきました。


 


絶壁の岩肌(12:35)

道の右手側に開けた場所があり、そこから荒々しい岩の絶壁が見えました。


 


鷲羽池(12:55)

山頂近くで、右下にエメラルドグリーンの美しい池が見えてきました。

これが、鷲羽池です。


 


鷲羽岳山頂到着!(13:00)

鷲羽岳山頂に到着です!

薬師岳方面!

水晶岳方面!

燕岳を初めとする表銀座の稜線方面!

槍ヶ岳!

この山頂からの景色は素晴らしいです!

しかし、やはり平日は登山者が少ないです。
山頂だというのに人がいません。。。
 


下山(13:30)

今日は時間的に余裕なので、山頂でしばらくまったりとした後、下山開始です。


 


ちょっと早い宴(14:30)

三俣山荘に戻ってきました。

時間的には、まだ早いですが、喫茶で買ったビールと持参したカルパスで宴の時間としました。


 


夕食(17:15)

宴の後、疲れからテントで仮眠しました。
しかし、16時頃でしょうか?
学生の団体と思われる集団がやってきて、すぐ近くにテントを設営し始めました。
5張りぐらいあったでしょうか?
人数も20人近くはいたのではないでしょうか?
折角の静かなテント場が、騒々しくなり、がっかりです。

仕方ないので、夕食とすることにしました。
今日のメニューは、カレーです。

調理中もテントの隙間から鷲羽岳が見えます。
ほんと、ここはいい場所です。


 


日暮れ(18:00)

夕食を食べていると、鷲羽岳の山頂が夕日に赤く染まってきました。
とても綺麗です。

明日は、黒部五郎岳、楽しみです!

スポンサードリンク

 

1日目に戻る
3日目に続く

 

2018-09-30T19:36:57+00:00

コメントする