~へたれ部長の登山・トレッキング備忘録~

第99回:3泊4日テント泊 双六・鷲羽・黒部五郎岳 4日目 ~ 延々と続く下り坂 ~

/第99回:3泊4日テント泊 双六・鷲羽・黒部五郎岳 4日目 ~ 延々と続く下り坂 ~

日程 2018年9月17日~9月20日 参加メンバー 1名
スタート地点 三俣山荘キャンプ場 ゴール地点 新穂高温泉
最高標高 2730m コース標高差 1640m
歩行距離 約16.1km 歩行時間 8.5時間
行程 三泊四日(4日目) 宿泊場所  

※クリックで拡大
ギャラリーを見る

今日は、帰りのバスの時刻が決まっており、あまり余裕がないので、急いで下山します。
ここから新穂高まで下山するにはコースタイムでは、休憩なしで約8時間はかかります。

 


撤収完了(5:50)

朝早く山荘でトイレを済ませ、5時半過ぎには撤収を完了し、下山開始です。

 
 


三俣峠(6:30)

テント場からは、まずは、三俣峠まで登りが続きます。

岩場のガレ場を登り、6:30には、三俣峠に到着です。

左手奥には、槍ヶ岳が綺麗に見えます。
ここから、双六小屋を目指して巻道を進みます。


 


巻道(7:10)

巻道は、基本的に緩やかな下りが続きます。

しかし、一か所だけ、写真のような急な登りの箇所があります。


 


双六岳への分岐点(8:00)

急登を登り切ってからは、再び、緩やかな坂道が続きます。
しばらく進むと、双六岳への分岐点に到着しました。


 


眼下に双六小屋(8:05)

分岐点を双六小屋の方へ進むと、すぐに急な下り道となり、眼下に双六小屋の赤い屋根が見えてきます。


 


双六小屋(8:15)

双六小屋に到着!
水補給とトイレを済ませ、休憩もそこそこに先を進みます。


 


槍ヶ岳(8:50)

双六小屋から弓折乗越までに向かう登山道からは、槍ヶ岳が綺麗に見えます。


 


紅葉始まる(9:15)

山の稜線付近では、紅葉が始まり、山肌を赤く綺麗に染めていました。


 


遥か真下に鏡平山荘(9:35)

稜線からは、遥か眼下に鏡平山荘が見えてきました。


 


弓折乗越(9:40)

初日には、景色が真っ白だった弓折乗越ですが、今日は、槍ヶ岳の荒々しい姿が眼前に迫ってきます。


 


鏡平(10:25)

初日には、見えなかった槍ヶ岳ですが、今日は、ここでも綺麗に見えました。


 


シシウドヶ原(11:00)

シシウドヶ原まで下ってきました。

ここから、急な岩の山道が続きます。


 


秩父沢(12:00)

秩父沢に到着!
ここで、水補給を行います。


 


川沿いの道に到着(12:40)

三俣山荘キャンプ場から下ること約7時間。
ようやく坂道が終了し、ここから穂高までは平坦な広い道が続きます。

やった~、急な坂道はこれで終わりだ~~

ここまで長時間、重いテント泊装備で急な山道を下ってきたため、足の裏がかなり痛くなってきていました。

この辺りから、雨がポツポツと降ってきました。


 


わさび平小屋(13:00)

急いで道を進んでいると前方にわさび平小屋が見えてきました。

ほっと、一安心です。。。

ここで、雨が本降りになったため、レインウェアを着ることにしました。

初日からここまで天候が持ってくれて、神様に感謝です。。。


 


中崎山荘 奥飛騨の湯(15:20)

雨脚は、段々と強くなってきて、足取りも重くなってきました。
もう、ゴールに向かって、ただひたすら歩くだけです。

わさび平小屋から約2時間、ようやく登山口が目の前に現れました。

やった~!!

登山口を過ぎて、車道を進んで行くと、左手に「中崎山荘 奥飛騨の湯」が見えてきました。
三俣山荘のテント場を出発して約8時間半。
さすがに8時間以上、歩き続けるのは、結構、キツイですね。

ここで温泉に入ります。
雨で体が冷え切っていたので、温泉は天国のようでした。

温泉の後、バスの出発時刻が迫っていたので、食堂で急いでラーメンをいただき、新穂高ロープウェイ乗り場前のバス停に向かいます。


 


高速バス(17:00)

この後、平湯温泉まで路線バスに乗り、東京行きの高速バスの発車時刻までお土産を買ったりしていました。
平日ということもあり、高速バスは、渋滞に巻き込まれることもなく、21時ぐらいには新宿に着きました。

今回の山旅、昨年、天候不良で登れなかった山をほぼ制覇することができ、素晴らしい天候にも恵まれ、大変満足できるものでした!

新穂高温泉から双六小屋までは、覚悟して登るべし!
今回の教訓

 

スポンサードリンク

 

3日目に戻る
2018-09-30T19:37:31+00:00

コメントする