~へたれ部長の登山・トレッキング備忘録~

第119回:3泊4日テント泊 室堂~五色ヶ原~薬師岳 4日目 ~ 猛暑の下り ~

/第119回:3泊4日テント泊 室堂~五色ヶ原~薬師岳 4日目 ~ 猛暑の下り ~

日程 2019年8月1日~4日 参加メンバー 1名
スタート地点 薬師峠キャンプ場 ゴール地点 折立
最高標高 2355m コース標高差 974m
歩行距離 7.4km 歩行時間 3.5時間
行程 三泊四日(4日目) 宿泊場所

※クリックで拡大
ギャラリーを見る

今日は、最終日。折立まで下ります。
折立からの直通バスの時刻が11:45だったので、かなり余裕があります。
7時に出発すれば、1時間前には到着する予定です。

 


朝焼け(4:50)

東の空が朝焼けでオレンジ色に染まってきました。

トイレに向かうと、すでに半分以上の方が、テントの撤収作業を行っていました。
皆さん、今日も遠くまで行かれるんでしょうね。


 


出発(7:00)

5:30ぐらいまでテント内でまったりとした後、朝食を食べ、テント撤収を行いました。

予定通り、7時にテント場を出発。
まだ、10張以上のテントが残っていました。
皆さん、今日は下山か、薬師岳へのピストンをされるんでしょうね。

 

自分も折立に向けて出発です!

 

少し上がったところから、テント場を撮影しました。
昨日の混雑が嘘のように閑散としています。


 


木道(7:15)

気持ちの良い木道歩きが続きます。
今日も青空、いい天気です!


 


太郎平小屋(7:25)

太郎平小屋に到着!

 

一昨年は、ここから雲ノ平に向かったんですよね~
懐かしいです。

 
 


気持ちの良い木道(7:30)

太郎平小屋からは、気持ちの良い木道歩きが続きます。


 


有峰湖(8:15)

小屋から45分ほど下ったところで、目の前に有峰湖が見えてきました。
重い荷物を背負って登っている登山者は、みなさん辛そうです。

自分も、ここをテント泊装備で登った時は、辛かったな~


 


休憩ポイント(8:30)

徐々に下りの傾斜がきつくなってきました。
目の前に休憩場所が見えてきました。
この辺りから、登ってくる登山者が多くなってきました。


 


木道(9:00)

太郎平小屋から1時間半ほど下ったところで、道が平坦になり、木道が現れました。
ほっとする瞬間です。

今日は、下界では猛暑です。
この辺りまで下ると気温も上昇し、下りとはいえ、汗だくの状態です。


 


狭く険しい道(9:10)

木道の後、道は狭く、急になってきました。
登ってくる登山者は予想以上に多く、すれ違いに待たなければならないことも多々ありました。


 


延々と続く下山道(9:30)

下山道は、延々と続きます。
道幅は、少し広くなりました。
太郎平小屋から、すでに2時間が経ちました。


 


十三重之塔(10:25)

さらに下ること1時間、道の右側に塔が現れました。
この塔は、十三重之塔です。
昭和38年の真冬に薬師岳登頂を目指して遭難死した13名の愛知大学の山岳部員の慰霊のために設置されたものです。


 


折立到着!(10:30)

太郎平小屋から約3時間、折立に到着です!

やった~、終わった~~
暑かった~~

バスの発車時刻まで1時間以上あったので、自販機で飲み物を買って、日陰で休みました。


 


毎日アルペン号(11:30)

11:30になり、予定通り、帰りのバスが到着しました。
バスは、行きと同じ毎日アルペン号です。

今日は予約客が大変少なく、全部で8名ぐらいしかいませんでした。
2名の席を一人で使用して、ゆったりと帰ることができます。


 


白樺ハイツ(13:00)

バスは、途中、白樺ハイツに立ち寄り、温泉&ランチ休憩となりました。

入場時に券売機で入浴ランチセットが1000円だったので、思わずこれにしました。
入浴だけでも、600円ぐらいかかるので、400円でランチがいただけることになります。

ランチは写真のように若干、質素な内容でしたが、味も悪くなく、満足いくものでした。

 

その後、バスは関越道経由で渋滞に巻き込まれましたが、9時半頃には新宿に到着しました。

今回の山旅、テント泊装備での縦走は、予想以上に厳しいものでしたが、天候にも比較的恵まれ、

楽しい雪渓歩き
居心地の良い五色ヶ原のテント場
かわいい雷鳥との出会い
信じられない豪雨
素晴らしい薬師岳からの景色

など、心に残るものも多く、十分、満足のいく内容でした!

 

スポンサードリンク

 

3日目に戻る

2019-08-10T16:43:00+00:00

コメントする