~へたれ部長の登山・トレッキング備忘録~

第120回:2泊3日テント泊 立山・奥大日岳 3日目 ~ 迫力の黒部ダム ~

/第120回:2泊3日テント泊 立山・奥大日岳 3日目 ~ 迫力の黒部ダム ~

日程 2019年9月14日~16日 参加メンバー 2名
スタート地点 雷鳥沢キャンプ場 ゴール地点 室堂ターミナル
最高標高 2420m コース標高差 200m
歩行距離 2.2km 歩行時間 1.2時間
行程 二泊三日(3日目) 宿泊場所  

※クリックで拡大
ギャラリーを見る

今日は、テントを撤収して下山するだけの予定です。
なので、朝早く撤収作業を行う登山者で外が騒がしくなっても、シュラフの中でまったりとしていました。

隣のテントの方は、自宅が山口県とのことで、朝早くからテントの撤収作業をされ、6時前には出発されました。

 


朝食(6:00)

三日目の朝食は、昨日同様、スパゲッティと野菜スープです。
今日は、ペペロンチーノです。

 
 


テント撤収(8:00)

朝食後、テント撤収を開始。
今日は余裕のあるスケジュールで、そんなに急いで撤収作業を行わなかったため、8時ぐらいまでかかりました。

この頃には、あたりのテントも半分ぐらいの数に減っていました。

 
 


出発(8:40)

テント場を出発し、室堂ターミナルに向かいます。
キャンプ場からは、急な石段が続きます。
ちょうど団体客と一緒の出発時間となったため、登山道は渋滞です。

 
 


坂道続く(8:40)

坂道は続き、渋滞も長くなってきました。


 


ブルーベリーソフトクリーム(8:55)

みくりが池温泉まで来たところで、一休みとしました。

 

ここの喫茶は8:30から営業しており、自家製のブルーベリーソフトクリームがとても美味しかったです。


 


ミクリガ池(9:05)

休憩後、再びターミナルを目指します。
みくりが池温泉のすぐ傍に、ミクリガ池があります。
池の水面には、立山が鏡写しのように写り、とても綺麗です。


 


室堂ターミナル(9:20)

玉殿湧水のある室堂ターミナルまで戻ってきました。


 


立山黒部アルペンルート(9:40)

帰路は、信濃大町駅から新宿までハイウェイバスを予約しています。
なので、室堂から扇沢までアルペンルートを下ります。

扇沢までは、以下の4つの乗り物を経由して向かいます。

 1.室堂~大観峰:トロリーバス
 2.大観峰~黒部平:ロープウェイ
 3.黒部平~黒部湖:ケーブルカー
 4.黒部ダム~扇沢:電気バス

まずは、室堂から大観峰までトロリーバスに乗ります。
トロリーバスは電気自動車で、トンネル中央の雄山山頂直下付近で、上下線のバスがすれ違います。


 


大観峰からの絶景(10:00)

バスは10分ほどで、次の乗り換え地点の「大観峰」に到着しました。

バスを降車するとすぐに目の前に後ろ立山の美しい山々と黒部湖の絶景が目の前に飛び込んできました。
天候がイマイチでしたが、同じバスに乗っていた他の観光客も、みんな歓声をあげていました。


 


ロープウェイ(10:20)

大観峰からロープウェイに乗車して、黒部平まで下ります。
乗車時間は、7分です。


 


ケーブルカー(10:30)

次は、ケーブルカーです。
標高差約400m、最大勾配31度の急斜面を走る全線地下式ケーブルカーです。
乗車時間は、5分です。


 


黒部ダム(10:40)

ケーブルカーを降りて、黒部ダムの上を歩いて展望台へ向かいます。
 

 

この時期はダムの放水が行われており、迫力ある放水の様子を展望台から見ることができます。


 


トンネル工事の歴史(11:15)

展望台のすぐ傍では、関西電力によるトンネル工事の詳細が展示されているところがありました。


 


黒部ダムラーメン(11:35)

お昼も近くなり、お腹が空いてきたので、ダムの傍にある「黒部ダムレストハウス」でランチとしました。
3連休の最終日ということもあり、レストランは大混雑でしたが、なんとか席を確保することができました。

自分は、黒部ダムラーメン(900円)をオーダー。
スープがダム湖の色のような緑色をしています。
トッピングは、目玉焼きとチャーシューという、ちょっと珍しい組み合わせです。
味は塩ラーメン風で、とても美味しかったです。


 


殉職者慰霊碑(12:05)

レストランの近くには、ダム建設で亡くなった尊い殉職者の慰霊碑があります。


 

尊きみはしらに捧ぐ」という言葉と殉職者の名前が刻まれていました。


 


トロリーバス(12:10)

レストランのある場所からトンネルを通って、最後の乗り物のトロリーバスの乗車口に向かいます。
こちらも電気自動車で、16分ほどで扇沢に到着します。


 


薬師の湯(13:50)

帰りのバスの時刻まで、かなり時間があったので、大町温泉郷の薬師の湯で温泉に入ることにしました。
大町温泉郷は、扇沢から路線バスで約15分で到着します。


 

薬師の湯は人気のある温泉で、入口に入ると、「ただいま混雑」との立て書きがあり、館内は大勢の利用客で混雑していました。

他の温泉に行くのも面倒なので、仕方なく入浴券を購入し、受付へ向かいます。
受付で券を渡すと、館内には新旧の2か所の浴場があるとの説明がありました。

混んでますかね~」と聞くと、

新しい浴場の方は混雑しているが、旧浴場の方は空いているとのこと。
ただ、サウナや露天風呂などはないとのことです。

取り敢えず、汗を流せれば良かったので、ザックを持って古い浴場の方へ向かいました。

浴場へ向かう通路の脇には登山用のザックが山ほど並んでいました。
100以上はあったと思います。
ほとんど空きがありませんでしたが、無理やり空きを作り、ザックを置きました。

旧浴場に行くと、広い浴場の中に1人しかいませんでした。
浴場は古いだけあって、かなり寂れた感じは否めませんでした。
ただ、お湯は温泉で気持ち良かったです。

 


ビール!(14:20)

温泉の後、ラウンジに行き、自販機でビールを購入。
テーブルでまったりとしていました。

すると、目の前に食事処があり、生ビール枝豆を売っており、かなりショックでした。

もっと早くみつけていれば、こっちにしたのにな~


 


ハイウェイバス(17:12)

温泉の後、再び路線バスに乗り信濃大町駅まで行き、17:12のハイウェイバスで新宿への帰路につきました。


 

今回の山旅、キャンプ場は大混雑でしたが、素晴らしい天候に恵まれ、とても満足する内容でした。

 

スポンサードリンク

 

2日目に戻る

2019-09-21T08:17:11+00:00

コメントする